手汗対策の制汗剤徹底まとめ~正しく使えば手掌多汗症は治る

このページは手汗対策の徹底マニュアルです。

管理人手汗ナースが、汗水垂らしてお金と時間を使い作成した、本当に効果のある手汗専用の制汗対策です。

手汗は、その性質と自分自身の肌質を理解すれば制汗剤によって改善することができます。そこで一番大事なポイントが、制汗剤の「安全性」。ここで紹介している制汗剤の特徴は、とにかく肌に優しいという点。塩化アルミニウムのような肌荒れ・かゆみ・痛みを感じるものはなく、とにかく安全性にこだわったものを掲載しています。

その理由は、手汗が「精神性発汗」という性質を持っているからです。

手に対して負のイメージを抱いていると、どうしても汗は出てしまいます。それを誘引してしまうのが、痛み・かゆみなどをもたらす制汗剤に含まれる塩化アルミニウムなのです。

塩化アルミニウムは確かに制汗成分として優れていますが、それは「その場限り」の制汗効果に過ぎません。塩化アルミニウムには皮膚表面を固める(タンパク質を凝固させる)作用を持っているので、手汗を止める効果があるというのは正しいです。しかしその後肌にかかる負担やかゆみによって、「手汗」というものを自分の中で強く意識してしまうことになるのです。その場限りの対策に逃げたくなる気持ちは痛いほど分かりますが、それが精神性発汗の「対策」になっているかというと実は全く対策になっていないのです。

よってここでは安全性に特化したものを厳選し、手汗を抑える行為をより自然なものにできるものを選びました。詳細の効果については個々のレビューでまとめています。

最強の手汗対策グッズTOP3

 ジェルで実感力が高い【フレナーラ/frenar】

フレナーラの手汗効果

フレナーラはファリネの後発として発売された手汗専用の制汗剤です。従って、ファリネの欠点を補いながら、ファリネに無い点をうまく付け加えている印象があります。ジェル状のプッシュノズルで持ち運びやすく、容器が7cmほどと小さくてかわいい。もちろん医薬部外品で国産、肌に合わなければ返品もできます。制汗成分はクロルヒドロキシアルミニウムという安全性が高く塩化アルミニウムと同等の効果を持った最先端の制汗成分を使用しています。ジェルで手にすぐ馴染み、実感力が高く乾きやすいため重宝しています。

 フレナーラを実際に使用した効果・レビュー
 フレナーラとファリネの比較
 フレナーラの返金保証は本当に使えるのか

 

 ミクロパウダーが汗腺を塞ぐ【ファリネ/farine】

ファリネの手汗効果

ファリネは、全手汗用の制汗剤の中で、最も安全性に優れた商品です。皮膚を溶かす界面活性剤が含まれていない、医薬部外品・国産、汗腺よりも細かいナノパウダー、敏感肌の手汗ナースが一切刺激を感じなかった、など安全面で非常に満足度が高かった制汗剤です。また、開発責任者が実際に手汗で悩まれている方で、その開発には現役の皮膚科医が監修されており「返金保証」が付いているため、品質や商品に対する誠意を感じます。

しかし、実感力がフレナーラに対して欠ける、直接塗布するタイプなので衛生面が精神的に不安ということで2位としました。

 ファリネを実際に使用した効果・レビュー
 ファリネの最安で購入する方法
 ファリネの返金・返品は本当に使えるの?

 

 デトランスα

デトランスαの手汗効果

こちらは、全手汗用制汗剤の中で最も制汗成分の濃度が強い制汗剤です。デトランスαは外国製の制汗剤で、日本の塩化アルミニウム配合濃度13%をはるかに超えた25%を配合しています。言い換えると、これで汗が止まらなければもう手術しかないということになります。従って、肌が弱い方だとほぼ間違いなく肌が荒れます。最初にお話ししたコンセプトとは視点がズレてしまいますが、大事なシーンや「いざ」というときのために多汗症の方であれば一本持っておくべき制汗剤です。

繰り返しになりますが、日常的に使うものではありません!

 デトランスαの危険な効果とレビュー
 デトランスαとファリネの効果比較
 デトランスαとフレナーラの効果比較