AHCフォルテとオドレミンを比較〜手汗への制汗効果を検証

外国製の手汗・足汗用制汗剤AHCフォルテと、手を含めた全身に使用できる制汗剤オドレミンを比較し、手汗への効果を検証してみました。

ここのレポートはこちらにまとめています。

→AHCフォルテを使用したレポートはこちら
→オドレミンを使用したレポートはこちら

AHCフォルテとオドレミンの比較

効果を検証

両者に含まれている制汗成分は、どちらも塩化アルミニウムです。

塩化アルミニウムとは、代表的な制汗成分で、実際の制汗療法においても使用されています。ただ、薬剤の効果が強烈で、皮膚上のトラブルが相次いで起こっているため、最近の手汗用制汗剤には塩化アルミニウムではなく、クロルヒドロキシアルミニウムという安全性が高い制汗成分を使用しています。

→クロルヒドロキシアルミニウムを使った制汗剤はこちら

それでも効果としては制汗成分の中で最も強いため、制汗剤を「制汗力」で選んでいる方はこの成分に注目してみましょう。

オドレミンについては、配合成分からわかるように「塩化アルミニウムを水で薄めたもの」なので、制汗力も肌への毒性も抜群です。わかりやすく言うとハイリスクハイリターンです。

対するAHCフォルテについては、同じ塩化アルミニウムを配合しているものの、手汗への制汗効果がまるで感じられません。これは手汗ではなく足汗に対して効果がある成分を多く含んでいるからです(消臭成分・殺菌成分・香料成分など)。

手汗はニオイを持つものでも、菌が繁殖するものでもありません。そうした無駄な成分が多くなるほど、せっかくの制汗成分の効果を殺し、また肌への痒みや痛み、炎症などを引き起こすものとなるのです。

これはオドレミンも含めて言えることではありますが、手汗に対しては「手汗専用」の制汗剤から選ぶべきです。「手足用」や「全身用」となるとどうしても成分が多くなり、薬品の効果も高くなって手荒れの原因になります。

実際にAHCフォルテ、オドレミン共に、手汗ナースは使用していません。もともと肌が弱いということもありましたが、やはり成分については昔から調べる癖があり、この二つの持つ刺激性や毒性は高く、実際に使用した感覚からも痛みやかゆみを伴ってしまいました。

もしあなたも私と同じような症状の場合、使用の最には十分に注意してください。

→市販の手汗用制汗剤を全て比較・検証したまとめはこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証