手汗への効果は?クロルヒドロキシアルミニウムと塩化アルミニウム

手汗用の制汗剤に含まれる制汗成分というと、塩化アルミニウムが一般的ですが、最近はクロルヒドロキシアルミニウムが定番化しつつあります。

実際の制汗効果は塩化アルミニウムの方が上ですが、安全面や皮膚への影響を考えるとクロルヒドロキシアルミニウムが突出している印象を受けます。

ここでは塩化アルミニウムとクロルヒドロキシアルミニウムの手汗への効果を比較しながら見ていきたいと思います。

クロルヒドロキシアルミニウムと塩化アルミニウムの比較

tetsunagi

クロルヒドロキシal 塩化al
制汗効果
安全性
医薬部外品 指定 指定

クロルヒドロキシアルミニウムの制汗効果

クロルヒドロキシアルミニウムの制汗効果は塩化アルミニウムに対して劣るものの、レベル1~2であれば十分に対応可能。また一番の特徴は成分としての安全性です。

塩化アルミニウムのような肌荒れ・皮膚の急激な乾燥など、トラブルを起こしにくいのが強みです。実際にそうした背景からも、今の手汗用の制汗剤にはクロルヒドロキシアルミニウムを配合することが多くなりました。

ただ私もそうですが、現実問題安全性よりも制汗効果が高い制汗剤の方が欲しいですよね。でも手汗を根本から改善していきたいと思うのであれば、安全性を意識した制汗に徹すべきなのです。

やはり制汗効果ばかりに注目して、刺激の強い塩化アルミニウム配合のものを選んでしまうと、いくら汗が抑えられても「手汗」というものを常に意識してしまい「精神性発汗」を悪化させてしまうのです。「根本の解決」を目指すならクロルヒドロキシアルミニウム配合の制汗剤を選ぶべきですね。

→クロルヒドロキシアルミニウム配合の制汗剤を見る

塩化アルミニウムの制汗効果

塩化アルミニウムはご存知の通り、制汗剤の代名詞となる成分です。制汗効果は非常に強く、日本の薬事法上の規制濃度は13%までと決まっています。

従って、『制汗力』で制汗剤を選ぶ場合は、国産のものより外国産を選ぶべきでしょう。13%という規制を超えた制汗剤が数多くあります。

ただ、肌へのリスクが非常に大きいため、日常的に使うことはおすすめできません。

→塩化アルミニウム濃度最大の制汗剤を見る

手汗で悩んでいる人はどっちの方がいいんですか?

hand33

手汗ナースの経験と実際の感想から言えば、どちらにもメリット・デメリットがあるので、良い意味でこだわりを捨てることが大切だと思います。

私は塩化アルミニウムとクロルヒドロキシアルミニウムの制汗剤をどちらも使っています。

ただ、使う頻度としてはクロルヒドロキシアルミニウム配合の制汗剤が多いです。それはやはり、「安全性」と「根本的解決」を目指しているからです。

塩化アルミニウムの制汗剤を使うシーンは、どうしても汗を抑えなければならない、という緊急事態や、持っていること自体の精神安定薬みたいなイメージです。肌に負担がかかることは間違いありませんが、やはり制汗力でいえばこちらの方が上です。でもそれに頼りすぎてしまうと、肌荒れや汗疱などの原因になるので、持っているだけで満足しています。

私の使い方は少し特別だとは思いますが、手汗で悩んでいる方に少しでも参考になっていただければ幸いです。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2016年6月24日 手汗への効果は?クロルヒドロキシアルミニウムと塩化アルミニウム はコメントを受け付けていません。 手汗対策の制汗剤Q&A