手の平や指の腹のブツブツは手汗が原因?手荒れ•かゆみが辛い…

手の平や指が痒くて掻いてしまい、湿疹・あせものように手荒れが起きてしまっている方。その原因は手汗によるものかもしれません。

もちろん原因は肌が弱かったり、アトピー傾向にある場合も考えられ、できれば自己判断せずすぐ病院へ行って欲しいのですが、手汗による湿疹の場合、実は治っても治っても繰り返されてしまうことがあるのです。

手汗による手荒れ

手荒れ 手汗

手汗による湿疹・あせも

手汗によって手がふやけ、湿疹・あせものようになってかゆみを感じられている方。まずは病院に行ってその炎症を止める必要がありますが、残念ながら手汗の方は止まりません。

こまめに汗を拭いていくことが大切になってきますが、手がふやけるほどの手汗の症状だと、正直、手術をした方がいいかもしれません。

「手術」と聞くと、非常に懐疑的な印象を持たれ悪いイメージばかり連想されるのですが、手汗レベルが3以上だと手術の方がメリットは大きいです。手術後は逆に肌の乾燥によって炎症が起こり、他の部位からの発汗が増してしまう代償性発汗という副作用を伴います。それでもレベル3の人の場合、手術前後を天秤にかけた際の体の負担は、手術後の方が軽いと言われているのです。

制汗剤による手荒れ

手術の必要がない、手汗レベル1~2の場合で、制汗剤を常用している方。そのケースで手の平の肌荒れやかゆみを感じているという方は間違いなく使用している制汗剤によって肌荒れが起こっています。

試しに使っている制汗剤の成分を毒性判定で調べてみましょう。また使っている制汗剤がワキガ用や全身用の場合は全く効果がなく、さらに刺激も強いので、「手汗用」の制汗剤を用いるようにしてください。

手が荒れる主な原因となる成分は、合成界面活性剤や防腐剤です。合成界面活性剤は皮膚を溶かす作用があり、防腐剤は肌の常在菌を滅菌し、カビや酵母などを発生させる作用があり非常に危険です。

→全手汗用制汗剤の効果・価格・毒性を比較

何もしていないのに手荒れがすごい…

上記のような症状ではなく、何もしていないのに手荒れが起こっているという場合は、単純に肌が弱いか、手の平の極度の乾燥で雑菌が侵入し肌荒れが起こっている可能性があります。

そうした時はすぐに皮膚科に行きましょう。手荒れは悩んでいても自然に治るわけではありません。

どちらかわからないという場合も病院へ行くべきですが、手汗によって症状が起こっている場合、医者によってはすぐさま手術を勧めてきたりすることがあるため、信頼の置ける・親しみのある皮膚科にまずは行ってみるといいですね。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月14日 手の平や指の腹のブツブツは手汗が原因?手荒れ•かゆみが辛い… はコメントを受け付けていません。 手汗による日常トラブル