知恵袋や2chに書かれている手汗の制汗方法は本当に効くのか

手汗を止める方法として知恵袋や2ちゃんねるで同じ人と思われる方が連投していますが、その方法について検証してみました。

その方法はオドレミンなどに含まれる塩化アルミニウムを使った方法、ミョウバンを使った方法です。

結論から言うと、オドレミンの塩化アルミニウムは制汗効果があるため効果があります。ただ肌には悪いです。ミョウバンについては、ワキガであれば効果がありますが手汗には効果が無いとされています。

2ch 手汗

手汗の制汗には塩化アルミニウムを使用しない方がいい

塩化アルミニウムは病院などでも実際の制汗療法として使用されている、効果が確認されている制汗成分です。

従って、この療法によれば汗を抑えることができます(治るわけではありません)。

しかし、成分の力が非常に強力で、手荒れ・かゆみ・痛みを引き起こし、かえって手に対するストレスが悪化し、精神性発汗という自律神経の乱れを増長させることにもつながります。

無意識下で起こる手汗という症状を、意識させられる刺激を伴う方法で抑えるのはあまりよくありません。

何よりも制汗力!という方にはいいかもしれませんが、それによって肌が荒れてしまい、ハンドクリームが手放せなくなるようだと本末転倒ですので注意しましょう。

→手汗にハンドクリームは使わないで!皮膚を溶かし手荒れの原因に

ミョウバンは手汗に効かない

ミョウバンはデオドラント成分です。主にワキガやデリケートゾーンなど、毛穴にあるアポクリン腺に働きかける成分です。デオナチュレなどに含まれる「焼きミョウバン」も基本的には同じ。

しかし手の平には毛が生えていません。もちろん毛穴もありません。汗腺はエクリン腺です。

ワキガ用の制汗剤が手汗に効果が無い大きな理由もこれにあたります。

手汗は手汗専用の制汗剤でしか止められない

手汗は、脇汗・足汗などとは根本的に異なる少し変わった汗です。

分泌される原因も非常に特殊で、治す方法も未だに見つかっていません。

それによってよく分からない商品や、セルフで行う危険な手法が蔓延しています。基本的に手汗は「治らない」ため、その開き直りの意識と、より安全性の高い制汗剤を使用し続けていくことがもっともな対策です。

自律神経失調症の症状をまとめただけの「手汗マニュアル」と題した怪しい商品が数万円で売られていますが、あれを買うなら自律神経失調症の本を1500円くらいで買った方がいいですね。

少し話が逸れましたが、それだけネットの情報というのは信憑性が低いということです(このサイトも然り)。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月13日 知恵袋や2chに書かれている手汗の制汗方法は本当に効くのか はコメントを受け付けていません。 手汗対策の制汗剤Q&A