デトランスαが効かなくなった…それ、かなりヤバイです

デトランスαは全制汗剤の中で(手汗ナースが確認している限り)最も高い塩化アルミニウム濃度を誇っている制汗剤です。

日本の薬事法上の規制濃度は13%に対して、
外国製であるデトランスαはその濃度を倍近く超える25%

つまり、「デトランスαが効かない」となると、もうその他の制汗剤は使っても効果が無いことが目に見えており、残す手段としては手術のみとなってしまうのです。

デトランスαが効かなくなった原因

デトランスα

考えられる原因としては次のようなことが考えられます。

  1. 日常的にデトランスαを使用していた
  2. 1日1回以上デトランスαを使用していた
  3. これまで3本以上デトランスαを使用している

デトランスαは説明の通り、制汗剤の中で最も塩化アルミニウム濃度が高い制汗剤です。しかし、塩化アルミニウム自体が「肌に良いもの」ではなく、むしろ肌に悪いものです。

「高い効果」と「安全性」は同時に享受できないというのは医薬界の常識ですが、デトランスαはまさにその典型なのです。

デトランスαは日常的に使用するものではない

手汗対策の徹底マニュアルでもデトランスαについて解説していますが、手汗用の制汗剤は日常的に使用するものと、「いざ!」というときに使用するものと、2つ用意しておくものなのです。

そしてデトランスαがその後者。
つまり、日常的に使用するものではないということです。

塩化アルミニウムとは、皮膚表面のたんぱく質を凝固させ汗腺を封じ込める制汗成分です。
従って、肌が弱い方の場合、即座に肌が荒れたり、ひどい乾燥に襲われることになります。「肌が強い」と自負していても次第に効果が無くなっていくのは、肌代謝(ターンオーバー)が狂い肌が弱い人と同等かそれ以下の肌質に変化していってしまうからです。

手汗ナースがデトランスαや塩化アルミニウム溶液の制汗療法を推奨せず、他の制汗成分や安全性に優れた制汗剤を推奨しているのはそのためです。

最初からデトランスαが効かないという方はまだいいのですが、デトランスαの制汗力に頼りすぎて、中毒性を持ってしまうとこのような結果になってしまうのです。

今後の対策法は??

今後の対策としては、とりあえず何も肌に塗らない時間を作ってください。
肌代謝(ターンオーバー)の周期は約30~50日が一般的であるため、その期間は塩化アルミニウムは当然ですが、その他の制汗剤も使用しないこと。

その後は、先ほども解説したように、2種類の制汗剤を常備して対策を図っていくことが大切です。

→手汗対策徹底マニュアルを見る

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年11月21日 デトランスαが効かなくなった…それ、かなりヤバイです はコメントを受け付けていません。 デトランスα/Detrance α