動悸が止まらず手汗が滴ってしまう…それ手掌多汗症という病気かも

大事な会議や、一人で話をする場面、そんな緊張するシーン以外にも、何気ない日常のときに手汗が出てしまう・動悸が止まらないという方は、手掌多汗症という病気である可能性があります。

緊張やストレスの場面で手汗が出るのは「精神性発汗」という生理現象の一つなのですが、その緊張やストレスが潜在意識に染み付いて、自律神経失調症に似た症状を持っている場合、常に手汗が止まらなくなったり、胸のドキドキが止まらなくなるのです。

動悸 手汗

手掌多汗症って何?

手掌多汗症というは、簡単に言うと「手の平の多汗症」です。

緊張やストレスを感じるシーン以外でも、暑くも寒くもないのに手汗が止まらない病気です。

あがり症や自律神経失調症の方に多く、幼い頃の経験や潜在意識に染み付いた無意識の事象がそれを誘因しているのではと言われています。

手術で神経そのもの切ってしまう以外に具体的な治療法はなく、現状では心理療法によるケアか、制汗剤によって対処していくしか方法がありません。

→手掌多汗症手術の危険すぎる副作用のまとめはこちら

→手掌多汗症レベルの診断方法はこちら

滴るほどの手汗は手術が必要なケースも

動悸が止まらず、手汗が滴るほど出てしまうというとき、場合によっては手術が必要なケースもあります。

これは手術に関する副作用についてまとめた際も解説していますが、この副作用よりも「手汗を止める」ことの方が個人にとってメリットが高いと判断できるときは積極的に手術をすべきだからです。

ただ、良くも悪くも手汗は「精神性発汗」なので、心の持ちようと、コンプレックスに対する妥協で時間がそれを解決してくれることもあります。

手汗ナースも手汗を克服した人に何人か会ったことがあり、その人たち共通して口にするのが「手汗はもう気にしていない」ということ。もちろん手汗は出ていますよ。でもそれを「嫌だな」とか、「やばい!止まれ!」と焦ったりすることがないのです。

「心の問題」と口で言うのは簡単ですが、具体的な方法は以下になります。

安全性の高い制汗剤を使うのがベター

ポイントは、「安全性」で制汗剤を選ぶということです。

今までの制汗剤というと、塩化アルミニウムなど刺激が強い成分を使って、痛みやかゆみをこらえながらの制汗方法が主流でした。

しかしこうした制汗剤を使っていると、手汗に対するストレスはどんどん悪い方向に向かい、かえって症状が悪化してしまう傾向にありました。

もちろん制汗剤に制汗力は必須ですが、皮膚に与える「安全性」を無視した制汗剤ばかりが目立っていた印象があります。

そうした目線で制汗剤を選び、制汗剤を日常に溶け込ませることが手汗対策としては有効です。コンプレックスと共存し、肌に合う制汗剤を使い続けるのです。

→全手汗用制汗剤の一覧と安全性・効果の比較表

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月27日 動悸が止まらず手汗が滴ってしまう…それ手掌多汗症という病気かも はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A