手汗予防の塩化アルミニウム液は薬局で購入できる?

手汗予防用の制汗剤に使用されたり、実際の制汗治療でも用いられている塩化アルミニウム液は、市販の薬局や通販ショップなどでは購入ができません。

薬事法の改定もあり、入手ができなくなりました。日本の制汗剤に配合されている塩化アルミニウムの配合量も13%までとなっていて、それ以上の濃度の制汗剤や塩化アルミニウム液を望む場合は、医師からの処方があるか、外国製の制汗剤を購入するかしか方法はありません。

塩化アルミニウムの危険性

純粋の塩化アルミニウム液は医師からの処方が無いと手に入れることができませんが、はっきり言って、塩化アルミニウム液によるセルフの制汗療法を行うのであれば、手術をしてしまった方が良いと思います。

塩化アルミニウム液を手に塗布すれば、手の平はカピカピに乾燥しハンドクリームが欠かせなくなります。違った意味で手に対してストレスを多く抱えるようになり、手汗の発汗量は増えてしまいます。

すると、もっと強い濃度で、もっと多い量の塩化アルミニウム液を塗布するようになり、負の連鎖に陥ります。それならば手掌多汗症手術を行ってしまった方が、副作用と天秤にかけてもプラスに働きます。

「手術」は悪い方面ばかり取り沙汰されますが、副作用を受け入れることができるのであれば積極的に行うべきです。ただ、その目安としてはレベル3以上の方。言い換えると、レベル2以下の方は手術をしても、副作用の方が手汗で悩んでいた頃よりもきついことが多いです。

→危険すぎる手掌多汗症手術の副作用のまとめ

塩化アルミニウムではない制汗

手汗というのは「精神性発汗」という無意識の中で発汗される汗です。従って、刺激を伴ったり、痛い・熱い・かゆいといった、手に対して何かしらのストレスを感じる制汗剤は、本当の意味での制汗剤ではありません。

刺激がなく、安全性が高い制汗剤によって、日常に溶け込ませることができるものが本当の制汗剤です。無意識の症状は無意識の中でしか改善できません。

従って、最近の国産の手汗用制汗剤には塩化アルミニウムではなく、クロルヒドロキシアルミニウムといった、非常に安全性の高い制汗成分を配合しています。

目に見えて即効性があるものは確かに塩化アルミニウムですが、皮膚のことや、汗の性質を考えると、「安全性」で制汗剤を選んでいった方がいいと言えるでしょう。

→全手汗用制汗剤を比較!安全性・効果の一覧表

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月27日 手汗予防の塩化アルミニウム液は薬局で購入できる? はコメントを受け付けていません。 手汗対策の制汗剤Q&A