手掌多汗症対策に塩化アルミニウムを塗ったら手がボロボロになった

手汗ナースは手掌多汗症の症状を持つ女です。

「手汗を抑えるには塩化アルミニウムがいい!」ということを聞いて、わらにもすがる思いで塩化アルミニウムを仕入れて手に塗布してみました。

すると、痛い!!!

とにかく痛い。そしてかゆい

手はカピカピに乾燥しました。確かに手汗の対策には良さそうです。ただ、数時間も経って効果が落ちれば元どおり。かゆみや痛みは続き、とてもじゃありませんが継続できませんでした。

塩化アルミニウムの効力

塩化アルミニウムは、確認されている中で最も効果の高い制汗成分です。

ただその分、肌に与える影響も大きく、手汗ナースのように敏感肌にある方や、これまで制汗剤が肌に合わないといった経験がある方は皮膚上のトラブルを引き起こすリスクがあります。

塩化アルミニウムは、手汗に限らず全身のエクリン腺・アポクリン腺に働きかけ汗を止めることができます。ミョウバンのように毛穴に働きかける成分ではないので、塩化アルミニウムの方が手汗については効果が高いと言われています。

塩化アルミニウムの副作用

塩化アルミニウムは薬品自体の力が非常に強く、制汗剤に配合される濃度は国内では13%と規制されています。人によっては強い痛みやかゆみ、熱を感じ、炎症や湿疹を引き起こします。

手掌多汗症という症状の性質から見た塩化アルミニウム

手掌多汗症とは、自律神経の乱れが原因で起こります。体が「落ち着き」と「緊張」を判別することができなくなってしまい、異常発汗を起こしてしまうのがこの症状の特徴。

従って対策法としては、自律神経失調症のリハビリ療法を試したり、安全性の高い制汗剤で肌にストレスを与えないことが大切です。

塩化アルミニウムのような肌にストレスがかかり、手のことで頭がいっぱいになってしまうような荒治療はその場しのぎにしかなりません。

確かに汗を止める力は塩化アルミニウムが最強でしょう。ただ、「手汗を改善したい」と思っている方には推奨されていない成分です。一長一短、シーンやあなたの生活スタイルで選ぶ制汗剤や療法は変わっていくと思いますが、塩化アルミニウムによって一度でも「痛い・熱い・かゆい」といった皮膚トラブルを発症した際は使用を控えてください。

国内基準の塩化アルミニウム濃度13%を超えた制汗剤
→外国製手汗用制汗剤デトランスα

安全性で比較した手汗用制汗剤の比較
→全手汗用制汗剤の効果・安全性の比較一覧表

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月29日 手掌多汗症対策に塩化アルミニウムを塗ったら手がボロボロになった はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A