ファリネとフレナーラを比較!手汗対策・肌に優しいのはどっち?

敏感肌の手汗ナースは、手汗用に用いる制汗剤に対して、特に「安全性」を求め、製品に含まれている配合成分をよく調べます。

そこから手汗に対して効果があるか?手はかゆくならないか?ということを検証し、特に安全性が高いものを使っています。その中で私が使っている2つの手汗対策用の制汗剤ファリネフレナーラについて様々な視点から比較してみようと思います。

ファリネとフレナーラの効果比較

ファリネとフレナーラの特徴まとめ

まずは、ファリネとフレナーラの表面上の違いを比較してみました。下表をご覧ください。

ファリネ フレナーラ
単品価格 8,890円 8,500円
定期(初回) 2,667円 850円
定期(初回以降) 5,040円 4,250~5,100円
内容量 6g 23ml
使用目安 1~2ヶ月 1~2ヶ月
タイプ パウダー ジェル
制汗成分 クロルヒドロキシアルミニウム クロルヒドロキシアルミニウム
制汗時間 1~3時間 2~4時間
界面活性剤 POE硬化ヒマシ油
毒性成分 5種 13種
匂い 無香料 無香料
※ただしメントールを配合
返金保証 90日
定期コース限定
90日
定期コース限定

ファリネとフレナーラの手汗効果比較

成分や効果の面での違いはほとんどなく、形状(ジェルとパウダー)の違いに伴う制汗剤の実感力の差や、携帯性、女性目線の作りになっているか、など、利便面での違いが大きなポイントです。

また、ファリネは認知度が最近かなり「高まってしまっている」ため、持ち運びを検討している人にとってはフレナーラのような認知度が低い商品の方が使いやすいかもしれません。

なお、それぞれ個別のレビューについては別にまとめています。

farineの実使用レビュー farineの公式ページ
frenarの実使用レビュー frenarの公式ページ

価格で比較

まずは両者の価格について比較していきます。

表からも分かる通り、単品価格ではフレナーラが少し勝りますが、それでも両者とも率直に「高いなぁ…」と思ってしまいますが、フレナーラの初回価格850円は驚異的です。

ファリネ、フレナーラを最も安くなる定期コースで契約した場合の試算です。

初回 2回目 3回目 4回目
※以降同じ
ファリネ 2,667円 6,800円 6,800円 5,040円
フレナーラ 850円 4,250円 4,250円 4,250円
定期コースの条件 最低負担金額
ファリネ 3回以上継続 16,267円
フレナーラ 4回以上継続
※コース③の場合
16,150円

確かに、ボトックス注射やETS手術に比べると格段に安いのは確かですが、やはり価格は高いと思ってしまいますね。

ただ、これはまだ「手汗用制汗剤」の数自体が少なくて独占状態になってしまっていることも考えられます。もっと広まっていけば段々と価格も下がってくると思います。また現状、安さを求めて、汎用性の高いワキガ用の制汗剤などを使っても、そもそも汗腺が違うので全く効果が表れません。

オドレミンなど、塩化アルミニウムを主成分とした制汗剤なら手汗にも効果がありますが、私のように肌が弱かったり、これまで制汗剤で「かゆい・痛い」と感じたことのある方は手荒れや湿疹の原因になるため絶対に使わないでください。

ファリネ、フレナーラとも価格が高いことは気がかりですが、「安全性」という面では実は両者とも優れていて、特にファリネについては恐らく安全面においてトップです。

ここに、どれだけの価値を感じるかが個人によって異なると思いますが、私の場合はこれを最も重視していたため、価格に対して妥当性を感じました。

手汗を一時的に抑えられても、かゆさや痛みといったストレスに襲われるのでは本当の意味での制汗にはなりませんからね。

安全性で比較

それでは次にその安全性について検証していきます。

次の表は両者に含まれている毒性成分の一覧です。全成分から引用しています。

ファリネ フレナーラ
毒性成分 ・クロルヒドロキシアルミニウム
・メチルハイドロジェンポリシロキサン
・アクリル酸アルキル共重合体
・メチルポリシロキサン
・トリメチルシロキシケイ酸
・クロルヒドロキシアルミニウム
・イソプロピルメチルフェノール
・1,3-ブチレングリコール
・ヒドロキシエチルセルロース
・l-メントール
・マロニエエキス
・アルニカエキス
・チャエキス(1)
・エタノール
・フェノキシエタノール
・メチルパラベン
・エチルパラベン
界面活性剤 ・POE硬化ヒマシ油

こうして見ると、フレナーラがすごく悪者のように見えてしまいますが、フレナーラもファリネも配合されている成分は医薬部外品認定を受けた成分であるため、肌に与える影響は非常に少ないと言われています。

実際に私が両者を使った印象では、手の平にベタつきやかゆみ・痛みを残すことなく一定の制汗効果を与えてくれました。

ただ、界面活性剤は、多かれ少なかれ配合されて「肌に良い」ということは絶対にありません。フレナーラに含まれているポリオキシエチレン硬化ヒマシ油(POE硬化ヒマシ油)も、界面活性剤の中で特に安全性が高いものですが、「安全性第一、絶対に痒くならない制汗剤」と考えている場合はファリネを使うべきでしょう。

ファリネの手汗効果

界面活性剤は、ジェルやクリームなど、水分と油分という本来混ざり合わない成分同士を混ぜ合わせるために使われるもので、ファリネなどのパウダーに使われることはありません。

ただ、私の知り合いの皮膚科医にこの両者に含まれている毒性成分の安全性について聞いてみたところ、「全く心配する必要はない」とのことでした。配合成分も安全で、また医薬部外品に指定される化粧品や制汗剤に含まれる毒性成分は少量であり、人体に影響を与えることはマレ中のマレだと言います。

女性目線で見た利便性で比較

パウダー、ジェルを安全性で見た場合は、やはりファリネのパウダーの方が界面活性剤を使用していないため優位だという結果になりました。しかし、これを利便性で比較した場合はどちらの方がメリットが高いのでしょうか。

二つを使用して感じたのは、フレナーラの方が利便性には優れているという結果でした。

フレナーラの手汗効果

理由としては次のようなことが挙げられます。

プッシュノズル式、ボトル式なのでフタが外れても液漏れしない
ポーチに入れやすい細長型
見た目がかわいい、制汗剤だと分からない
ジェルで塗り込むタイプなのでファリネに比べて制汗効果を感じやすい
ファリネのように本体を手に直接塗布しないので衛生面で優れている

などなど。

特にフレナーラはファリネの後発商品に当たるので、ファリネが口コミ等で多く指摘を受けていた点をカバーしているような印象です。

フレナーラの手汗効果

4つ目の「制汗効果」については、ファリネが劣っているというわけではなく、ファリネのパウダーが細かすぎて、手にポンポンと塗布してもそのパウダーが見えないため使用感が低いということを言っています。心理的な問題ですね。

ファリネの手汗効果

ちなみにこれがファリネの塗布後の写真です。
確かにパウダーは見えません。一応、ファリネのフタを取ってパウダーを直で塗ることもできるのですが、やはりそうなると利便性が悪いということになってしまいます。

ファリネのパウダー

繰り返しになりますが、これは「制汗効果が低い」ということを言っているわけではありません。あくまで心理的な問題の話です。

後は、衛生面。ファリネは直接手の平に当てるので、やはり気になる方が多いようです。でも、汗びちょびちょのまま塗布するということはありませんし、1ヶ月ほどで無くなっていくので、実感としてはそこまで気にする必要はないと思います。

こういったものは実際に使ってみて始めて気付くこともあるので、「好みの問題」としか言えませんが、私としてはフレナーラの方が利便性が高く、「精神性発汗」という性質を持った手汗には、成分以上にファリネより効果が高いのではと感じました。

結局、ファリネとフレナーラはどっちがいいの?

改めて、最初の両者の比較チャートを見てみましょう。

ファリネとフレナーラの手汗効果比較

価格・安全性・形状・利便性についてそれぞれ検証してきて、なんとなくその意味やチャートの根拠などが見えてきたでしょうか。ただ、肝心の制汗効果について触れていませんが、それは今からお話しますね。

制汗効果については、「実感力」という点において、フレナーラの方が高いと判断しました。

どういうことかというと、ファリネもフレナーラも使っている制汗成分は同じ(クロルヒドロキシアルミニウム)なので、あくまで私の主観でしかなく、確信はないのです。化粧品や制汗剤は、「全成分」の記載義務はありますが、「配合量」の記載義務はありません。従って、あくまで私の「実感力」でフレナーラの方が手汗を抑える力があると判断しました。

ただ、安全性においてはファリネが上です。かゆみ・炎症・手荒れのリスクが低いのもファリネ。このサイトのコンセプトからするとファリネが優位となりランキングでも1位にしています。しかし私が実際に常用しているのはフレナーラです。

私は敏感肌ですが、過剰なまでに安全性にこだわっているわけではなく、「一定の安全性」を備えた「実感力の高い制汗剤」がベストだと考えており、その点でフレナーラは純粋に良い商品だと判断したんです。

是非あなたも「安全性」という軸は無くさずに、その中で利便性や使い勝手、付加価値をどの程度求めるのか考えながら実際の購入の参考にしてみてください。

>>フレナーラ(frenar)公式HPはこちら

>>ファリネ(farine)公式HPはこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証