ファリネに副作用はある?全成分の毒性から皮膚への影響を検証

手汗専用制汗剤ファリネを使うことで、皮膚に起こる副作用の可能性は「限りなく低い」と評価することができます。

医薬部外品指定成分で全て構成され、肌にとって負担となったり、炎症を起こす可能性のある成分は含まれていません。もちろん、薬事法の規制を受ける「薬」である以上、全員に対して安全であると言うことはできませんが、現状、手汗用制汗剤の中では最も安全な配合で作られています。

→ファリネを実際に1ヶ月使用して分かったメリット・デメリット

ファリネはなぜ安全なのか

「医薬部外品=安全」というわけではありませんが、これによって、厚生労働省が指定した成分によって作られているという安心感や一定の安全性を評価することができます。

また、手汗ナースが直接業者へ問い合わせた際も、成分的に皮膚トラブルが起こるリスクは低く、また皮膚上のトラブルが起これば返金に対応してくれるとのことだったので、アフターフォローもしっかりしていることがわかりました。

手汗用の制汗剤というと、外国製のものが主流ですが、外国製であると返金保証なんてまずありませんし、「医薬部外品」という概念もなく、成分も日本の規定を上回った量が配合されているので、それに対して保証してくれることは一切ありません。

→ファリネの全成分と毒性判定結果はこちら

→ファリネの返金保証を確実に通すためのテクニックはこちら

ファリネはかゆくならない?

ファリネの全成分と、手汗ナースが使用した感覚からも、かゆい・痛い・ベタベタするなどといったことは一切ありませんでした。

実際に、かゆみの元となる界面活性剤は配合されていませんし、ベタつきの原因である油分もありません。

使用感・安全性においては特別秀でた商品と評価することができます。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月22日 ファリネに副作用はある?全成分の毒性から皮膚への影響を検証 はコメントを受け付けていません。 ファリネ/farine