ファリネが効かない・肌に合わない〜以前ワキガ用の制汗剤を使っていなかった?

ファリネを使う以前に使っていた制汗剤が、ワキガ用・全身用の制汗剤だという場合、ファリネの効果を十分に発揮できないことがあります。

それは、ワキガ用・全身用に含まれている制汗剤には「界面活性剤」という肌を溶かし、雑菌侵入の糸口を作る成分が含まれているからです。

肌は修復に3日程度かかると言われているため、もし「ファリネが効かない!」という場合はその程度の期間肌を休めてから使用すると良いでしょう。

界面活性剤が原因でファリネが効かない?

皮膚はあなたが思っている以上に繊細な構造をしていて、医薬分野が発達した現代においては、その皮膚構造を破壊するものを簡単に手に入れることができます。

例えば、食器洗いをしていて、手が荒れてしまった経験はだれにもあると思いますが、それは何故だかわかりますか?答えは洗剤に配合されている界面活性剤という成分の影響です。

これは洗浄効果がある成分ですが、同時に、水分と油分を混ぜ合わせる効果もある成分なのです。わかりやすい例で言うと、マヨネーズを作るときの卵黄のようなもので、毒性がある一方、恩恵は十分に受けています。。

これは洗剤以外にも様々なところで配合されていて、化粧品やシャンプー、そして制汗剤にも配合されているのです。

おそらく、ファリネが効かない!!という人は、以前にワキガ用・全身用、あるいは界面活性剤が配合された手汗用の制汗剤を使用していたのではないでしょうか?

これによって皮膚が溶け、ファリネがかえって肌を傷つける元凶になっている可能性があります。

ワキガ用・全身用を使っているとファリネが効かない?

ワキガ用・全身用の制汗剤は、アポクリン腺という皮脂腺に働きかける成分を配合しています。下表をご覧ください。

汗腺 皮脂腺 ニオイ
手汗 エクリン腺
足汗 エクリン腺
脇汗 アポクリン腺
股汗 アポクリン腺

皮脂腺の有無がなぜ問題であるかというと、「油は油に溶ける・馴染む」性質があるため、ワキガ用・全身用の制汗剤には必ず油分が含まれていて、同時にそれを混ぜ合わせる界面活性剤が含まれているのです。

逆に手汗用であると、皮脂腺がなく、エクリン汗腺に働きかける成分のみの配合で構わないので、ワキガ用のように色々と成分を含ませる必要がないのです。

これを知らずに、ワキガ用・全身用を手汗に対して使用していて、皮膚がボロボロの状態でファリネを使ってしまうと、それは思うような効果は得られません。

また皮膚が溶けている状態は目では確認できないものもあるので、「自分は違う」と固定概念にとらわれず、少しの期間「何も付けない時間」を作るといいでしょう。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月23日 ファリネが効かない・肌に合わない〜以前ワキガ用の制汗剤を使っていなかった? はコメントを受け付けていません。 ファリネ/farine