ファリネに効果なし?2時間足らず元通りになってしまう理由

手汗用制汗剤「ファリネ(farine)」を実際に使った印象から、ファリネを一言で言い表すとしたら「とても安全な制汗剤」です。

決して「とても長続きする制汗剤」ではありません。

もちろんこれは手汗ナースが使ってみた印象の話です。化粧品でも効果がある人・ない人がいるように制汗剤についても同様です。特に、手汗ナースのような敏感肌傾向にあって肌が弱い方で、手荒れしない・かゆくならない制汗剤をお探しの人に効果があるのではないかと思います。

→手汗ナースが1ヶ月使い続けたレビューはこちら

ファリネに効果を感じない!!と感じる理由

ファリネの手汗効果

ファリネは、手汗用制汗剤の中でもパウダータイプの制汗剤です。

制汗剤の中では他にジェル・クリーム・ローションなど様々な形状のものがありますが、その多くは(ジェル・クリームについては100%)、界面活性剤という成分が配合されているものになります。

これは製品としての効果を高める一方、肌に与えるリスクも高まるという、麻薬のような成分です。化粧品が急成長した非常に恩恵のあるものなので全てを否定するわけではありませんが、「効果と安全性は同時に得ることはできない」ということを証明しているようなものなのです。

つまり、安全で効果の高い制汗剤(化粧品)は無いということです。

→危険だが効果が高い制汗剤はこちら

パウダーなら安全なの?

界面活性剤とは、水分と油分という本来混ざり合わない成分をくっつける働きがある成分を言います。しかしパウダーは、そもそも水分でなければ油分でもないので、界面活性剤が配合されていることはありません。

界面活性剤が危険と言われている理由は、肌を雑菌や乾燥から守っている皮膚膜を溶かしてしまうためと言われています。守るものがなくなってしまうため、かゆい・熱い・痛い・沁みるといったことが起きてしまうのです。あなたも制汗剤を使ってそのような体験をしたことはありませんか?

パウダータイプであれば膜を破壊したりすることはないため、安全性は高いと言われているのです。

ファリネのパウダーの特徴

とは言っても、パウダーなら「全部安全」というわけではありません。

例えばベビーパウダーのような非常に大きな粒子のパウダーを乗せてしまうと、手の平に残留感があって、違う意味でストレスが積み重なってしまいます。またベビーパウダーでも強力な界面活性剤を使用しているケースがあります。

ただファリネの場合は、非常に細かい粒子で構成されているため、手の平に塗布後、その残留感・滞留感を感じることはありません。オイルのようにテカリもべタつきもありません。

ファリネの手汗効果

ファリネ ナノイオンブロック

ファリネHPより引用

この使用感という点でも、パウダーは優れています。ジェルやクリーム、ローションなどのように油分が少しでも入っていると、手の平にはベトつきを感じてしまいます。理由は手の平には皮脂腺がないからです。

皮脂腺がないところでの油分の使用は非常に気持ちが悪いのです。例えばハンドクリームを塗る時、手の平に塗るという方はいませんよね?手の甲には皮脂腺があるため非常によく馴染みますが、手の平には皮脂腺ないので馴染まないんです。

手汗用の制汗剤はできるだけパウダー類から選んだほうがいい

今は様々な手汗用の制汗剤が発売されていますが、手汗ナースが検証している限り、「手汗用」であればパウダーから選ぶのが無難だと思います。

しかし、肌が強くて、兎にも角にも制汗効果だけを目的で選んだ場合、ファリネは選択肢から外れることとなるでしょう。

今までどんな制汗剤を使ってきても痛い・かゆい・熱いなどと皮膚トラブルを抱えて悩んでいた方はファリネなどのパウダータイプから選んでみることを推奨いたします。

→敏感肌の手汗ナースがファリネを使ったレビューはこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年9月22日 ファリネに効果なし?2時間足らず元通りになってしまう理由 はコメントを受け付けていません。 ファリネ/farine