ファリネを最安で購入する方法~店舗販売・通販の料金比較

手汗ナースは、手汗専用の制汗剤として「ファリネ(farine)」を愛用しています。その理由は、

界面活性剤が配合されていないパウダータイプ
かゆみ・炎症・手荒れのリスクが少ない
持ち運び・利便性が高い
ユーザー目線で作成されており定期的に改良される

この4点です。しかし、ファリネは他の制汗剤に比べて高いんです・・・(p_-)
そもそも「手汗用」の制汗剤の数が少ない、他の製品があまりにひどいというのもありますが、料金だけがネックなんですね。。

そこで少しでもこのファリネを安く手に入れる方法をご紹介したいと思います。

ファリネ 梱包物一覧

ちなみに、ファリネはマツキヨなどのドラッグストア、ドンキなどのディスカウントショップには置いていません。Amazonや楽天でも取り扱いが無く、公式ホームページからの通販のみの取り扱いとなっています。

また、ファリネで心中しようと心に決めた場合、実はファリネはあるときを境に急激に安くなるんです。これについては買う前に必ず覚えておきましょう。

ファリネの価格

ファリネの公式ページ及び、手汗ナースが実際に購入したときに一緒に添付されたチラシ等の情報をまとめると、次のような料金表が出来上がりました。(税抜)

販売形態 初回 2回目 3回目 4回目
(以降同じ)
単品(都度)
【送料】
8,890円
【600円】
8,890円
【600円】
8,890円
【600円】
8,890円
【600円】
単品→定期
【送料】
2,000円
【無料】
5,600円
【無料】
5,040円
【無料】
定期コース
【送料】
2,667円
【無料】
6,800円
【無料】
6,800円
【無料】
5,040円
【無料】

色々と複雑な感じもしますが、気になる点を挙げていきます。

①単品購入後、定期に変更できる

単品購入の方でも30日以内であれば定期コースへ変更できます。別にこれはどこでもあることですが、ファリネの場合は、最初の単品購入分の損失を取り戻せるような仕組みになっています。

「損失」という言葉はあまりよくないかもしれませんが、「最初から定期コースは怖い」という人にはうれしいプランになっています。これがそのチラシになります。

ファリネ チラシ

更に定期コース3ヶ月目(表だと「4回目」)以降は、ずっと5,040円+送料無料で手に入る仕組になっています。

②最初から「定期コース」が最も安く手に入る

定期コースは確かに怖いです。しかし、4回目以降の金額が43%OFFという猛烈に安くなる仕組みは非常に魅力的です。

ちなみに定期コースの“しばり”(継続必須回数)は次の通りです。

購入形態 必須条件 最低負担金額
(税抜、送料込)
単品(都度購入) しばりなし 9,490円
単品→定期コース 2回以上継続が条件 17,090円
定期コース 3回以上継続が条件 16,267円

どんな購入形態を選ぶにも、最低でも負担する金額は把握しておかなければなりません。

確かにファリネは単品の価格は正直信じられないくらい高いのですが、手荒れやかゆみを予防する安全性や品質の高さについては非常に評価できます。

特に手汗ナースのように敏感肌で肌が弱い方にとっては、成分の安全性について考えながら制汗剤を選んでいると思います。

手汗ナースもお金が無いころは、「とにかく安くて制汗効果があるものを」と望んでいましたが、肌を傷付けて汗を抑えても、それは本当の意味での手汗の制汗対策にはなっていません。結局それでやりたいことができないのでは意味がないですからね(;_:)

肌のことを考えて、安全に確実に、そして最安で手汗を抑えたいという方には、ファリネの定期コースは試してみる価値が十分にありそうです。

また、定期で申し込むことで「返金保証」の特典が付いてくるので、たとえ肌に異常があったとしても損はしないようになっています。これは単品購入だと付属していない特典なので定期の方が総合的にみてコスパは高いと評価できます。

⇒ファリネ(farine)の最新割引キャンペーン情報はこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年9月24日 ファリネを最安で購入する方法~店舗販売・通販の料金比較 はコメントを受け付けていません。 ファリネ/farine