ファリネとオドレミンを比較〜手汗に効果がある制汗剤はどっち?

手汗専用制汗剤ファリネと、制汗成分塩化アルミニウムを含んだオドレミンを比較し、手汗に対する効果を検証していきます。

手汗の制汗剤として、様々な角度から検証していきます。

個々の手汗への効果は次にまとめています。

→ファリネの使用レポートはこちら
→オドレミンの使用レポートはこちら

ファリネとオドレミンの比較

制汗力で比較

両者に含まれている制汗成分は以下のとおりです。

ファリネ クロルヒドロキシアルミニウム
オドレミン 塩化アルミニウム

単純な成分としての比較は、オドレミンに含まれる塩化アルミニウムに軍配です。

塩化アルミニウムは、実際に多汗症の制汗療法として使用されている成分で、制汗力には定評があります。ただ、手荒れや炎症が付き物で、手汗のために継続使用することは非常に危険を伴います。

ではファリネに含まれるクロルヒドロキシアルミニウムはどうでしょうか?

ファリネに含まれるクロルヒドロキシアルミニウムは、医薬部外品指定成分で、その効果・安全性が証明されている成分です。またファリネはこの制汗成分を特殊製法で手汗の分泌腺であるエクリン汗腺の10分の1にまでナノ化しているため、制汗剤特有のべた付き・カピカピ感はなく、サラサラの状態を演出してくれます。

ファリネ ナノイオンブロック

ファリネHPより引用

もともとオドレミンは全身用・ワキガ用の制汗剤であるため、手に使うことを前提としていません。また、塩化アルミニウムはクロルヒドロキシアルミニウムと異なり、肌に与えるリスクが高いため安全面ではどうしても劣ってしまうことを覚えておきましょう。

イメージで表すと…

【制汗効果】オドレミン≧ファリネ
【安全性】ファリネ>オドレミン

このようになりますが、ファリネの制汗力がそこまで悪い実感はありません。ネットではファリネに全く制汗力がない、というように言われていますが、実際に使用した感想から言うと、そのようなことはありません。

→ファリネの使用経過・レビューはこちらにまとめています。

そもそも制汗剤は薬事法の規制を受ける「薬」なので、全員に同じような効果があることはありませんので、是非その点は注意してください。

価格で比較

単品 初回割引 定期割引
ファリネ 8,890円
+送料
2,667円
送料無料
5,040円
送料無料
オドレミン 1,000~1,600円
+送料

単純な価格比較ではオドレミンが圧倒的に安くなります。

ただ、ファリネについては、定期購入であれば他の制汗剤と変わりません。そもそもオドレミンは全身用の制汗剤なので比べると価格差があらわになってしまいますね。

また、ファリネは単品購入から定期に変えても損しない仕組みになっているため、最初は単品購入で後から定期にしても、価格差の穴を埋められるようになっています。詳しくは別の記事でまとめています。

→ファリネを最安で手に入れる方法

ただ、両者の使用目安については、ファリネが1~2ヶ月、オドレミンは0.5月~1.0ヶ月となります。従って、1ヶ月あたりのランニングコストで比較した場合はまた違ってきます。

ただ、どの制汗剤についても同じことが言えますが、オドレミンに対していくらお金をつぎ込んでも、ファリネの安全性を得ることはできません。逆にファリネをたくさん塗布しても、オドレミンの塩化アルミニウムの制汗力を得ることはできません。

つまり、価格比較というのは本来不毛な議論なのです。どちらも、暴利を狙ったような価格設定と言う印象は受けませんのでその点は安心してください。

手汗ナースとしては、とにかく肌が弱く、塩化アルミニウムを使ったセルフの制汗方法を行ったこともありますが、手汗とは異なる手荒れや炎症のストレスが重なるようになったため、制汗剤には安全性を求めるようになりました。

恐らく制汗剤を選ぶ際、あなたも自分にとって譲れないものがあると思いますのでその点に注目してお試しになってください。

>>ファリネを初回40%OFFで手に入れるにはこちら

>>オドレミンの最安値&送料無料で購入するにはこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証