ファリネの使い方〜手汗効果を最大限発揮するための利用方法

手汗専用の制汗剤ファリネの効果を最大限発揮させるには、まず「肌を休めさせること」です。

これまで「手汗専用」といった制汗剤が少なく、また塩化アルミニウムなど刺激が強いものばかりが主流でしたので、あなたの肌そのものが疲弊している可能性があります。

塩化アルミニウムも界面活性剤も配合されていないファリネは非常に肌に優しく、逆にこれまでの制汗剤は「肌を溶かす」働きがあったものなので、ぼろぼろの肌にファリネを塗布しても思うような効果を感じられないことがあるのです。

→ファリネの効果と使用レビューはこちら

ファリネの効果を最大限発揮させる使い方

ファリネの手汗効果

ファリネは非常に安全性に特化した制汗剤で、使用されている成分は全て医薬部外品指定のもの、界面活性剤も塩化アルミニウムも配合されていません。ただ、「品質=効果の強さ」ではありません。

つまり、ファリネを使って「今すぐ汗を止めたい」とか「制汗力が第一」と思っている人は買わない方がいいです。そうした方は、外国製の制汗剤を選ぶといいでしょう。外国製であれば、国内の塩化アルミニウム濃度13%という規制を超えた制汗剤を手に入れることができます。

→ファリネと外国製制汗剤との比較

ただファリネの特徴は制汗力ではなく「安全性」。肌荒れや湿疹、かゆみなどの皮膚トラブルが起きにくいことが強みなのです。

また、塗布しても全く効果が感じられないという場合は、皮膚を2~3日休めた方がいいかもしれません。普段、ワキガ用の制汗剤を手に塗布したり、塩化アルミニウム濃度が強い制汗剤、食器洗いやボディソープなど、刺激の強い界面活性剤配合の薬品に触れたりしていないでしょうか。

こうしたものの影響で皮膚上の雑菌侵入を防いでいる「表皮膜」が破壊されている可能性があります。これは目に見えないものなので、知らずに制汗剤を塗布しても、思うように効果を感じられなかったり、傷口に薬品を塗布しているようなものなので刺激を伴ったりしてしまうのです。

この表皮膜の回復には2~3日かかると言われているので、「ファリネに効果がない」と感じたら、肌を休める期間を設けましょう。商品自体に効果がないのではなく、以前使っていた制汗剤の影響でファリネが思うような効果を発揮できないケースがあるのです。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年11月1日 ファリネの使い方〜手汗効果を最大限発揮するための利用方法 はコメントを受け付けていません。 ファリネ/farine