フレナーラとAHCフォルテを比較〜手汗を止めるにはどっちが効果的?

手汗専用のジェル制汗剤フレナーラ(国産)と、スイス発祥の外国製手汗用制汗剤AHCフォルテの手汗への効果を比較します。

国産の利点、外国製の利点、またその逆や、商品の独自性を細く比較・検証していきます。

実際に使用した個々のレポートについてはこちらをご覧ください。
→フレナーラの使用レポートはこちら
→AHCフォルテの使用レポートはこちら

制汗効果で比較

両制汗剤に配合されている制汗成分は次のようになっています。

フレナーラ:クロルヒドロキシアルミニウム
AHCフォルテ:塩化アルミニウム

成分効果ではAHCフォルテに配合されている塩化アルミニウムの方が高いと言われています。ただ、「危険!塩化アルミニウムを使ったセルフ制汗法」でも解説しましたが、塩化アルミニウムはその効果と反面、肌に与える危険性・炎症リスクが非常に大きいことでも有名です。

加えて、AHCフォルテの場合は、手汗に無関係な成分が多く、塩化アルミニウムの効果まで生かしきれていない印象もあり、正直制汗剤として品質があまり高くありません…

なぜこのようになってしまっているかというと、AHCフォルテは「手・足汗用」の制汗剤だからです。足汗にも使えるように消臭成分や殺菌成分、香料成分が含まれているのです。しかし、手汗にはこうしたものって不要ですよね。

不要な成分が多いほど、手荒れやかゆみにつながりますので注意してください。

これはAHCフォルテに限った話ではありませんが、「手・足汗用」や「全身用」といった、使用可能範囲が多い制汗剤やオールインワンのような使い方を推奨した制汗剤にはその傾向が強い印象を持ちますね。

対するフレナーラは「手汗専用」の制汗剤であり、配合されている制汗成分クロルヒドロキシアルミニウムは医薬部外品指定の安全性や効果が証明されたものです。

成分判定上は毒性があるとされていますが、塩化アルミニウムによる肌への負担や実際に報告の数から見ても安全性は非常に高いと評価することができます。

最近の制汗剤の流行にもなっていて、手汗の分泌腺であるエクリン汗腺よりも小さな粒子にナノ化することも可能だと言います。速乾効果もあり、制汗の実感度も高い制汗成分です。

利便性はどっちら上??

利便性でもフレナーラの方が高いと評価できます。

制汗剤としてのフォルム・デザインもそうですが、利便性だけで制汗剤をランキングするとしたらフレナーラは手汗ナースの中で第1位に位置付けます。

その理由は主に次のような点です。

フォルムが抜群にかわいい
小さくてポーチに入る
見られても制汗剤だとわからない
プッシュして使いたい量だけ取り出せる
プッシュ式なのでキャップが取れてもこぼれない
オドレミンのようにビンではないので割れない、軽い

フレナーラの手汗効果

男性が使うとしたらもしかしたらマイナスポイントが多いかもしれませんが、女性にとっては嬉しい要素ばかりです。

AHCフォルテや他の外国製制汗剤のデトランスαなどは、パッケージからどことなくゴツゴツした感覚があり、英文が容器に書き巡らされているため女性としては躊躇してしまいます。

ahcフォルテ手汗効果

デトランスαの手汗効果

またプッシュ式は個人的にかなり好きなんです。

化粧品を選ぶときもこの形状ばかり選んでしまうんですが、AHCフォルテやデトランスα、またオドレミンなんかもそうですが、カバンやポーチの中で蓋が取れてしまったら終わりのものは、本当に怖いです。というのも、実体験があったからなんですが(^_^;)

取り出したい量を取り出せて、液漏れの心配がないので、このタイプは個人的に大好きですね。

フレナーラの手汗効果

価格で比較

価格を比較すると次のようになります。

初回 2回目
※以降同じ
フレナーラ 850円 4,250円
AHCフォルテ 4,280円
※送料無料
4,280円
※送料無料

初回価格でみればフレナーラは圧倒的にお得。おまけに返金保証付き。

また、AHCフォルテはスイス産なので、発送に1~2週間以上かかってしまいます。Amazonでの取り扱いがあるうちは送料無料ですが、公式で購入すると外国からの送料もかかってしまうため、その点でも評価は下がります。

ただフレナーラが「安い」というわけでもありません。コースによっては4回しばり、6回しばりなど回数の制限があります。

フレナーラの利便性や制汗効果は他には無いものがありますので、他の国産の手汗用制汗剤と比較してみるといいかもしれませんね。

>>フレナーラと国産制汗剤の比較記事を見る

>>フレナーラを割引特典付きで購入するにはこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証