フレナーラは足汗にも使える?手汗と併用する際の注意点

手汗専用の制汗剤フレナーラは足汗にももちろん効果があります。

基本的に「手汗専用」と謳った制汗剤については足汗にも併用可能です。

理由は、足汗と手汗の構造・汗腺の種類が全く同じだからです。違う点を挙げるとすれば、皮膚の厚み。従って、足汗に使う場合は多少フレナーラより薬品の効果が強いものを使用しても肌荒れや痒みは起きにくいと言われています。

ここではフレナーラが持つ足汗への制汗効果を解説します。

→手汗への効果をレビューした記録はこちら

フレナーラの足汗への効果

フレナーラに含まれている制汗成分は「クロルヒドロキシアルミニウム」という医薬部外品指定の成分です。

塩化アルミニウムより若干制汗効果は劣る印象はありますが、肌への影響を考えると断然にクロルヒドロキシアルミニウムの方が優れています。

ただ、足汗の場合は、皮膚が手よりも厚いため、正直に言うとこの安全性についてはあまり考えなくても良いかもしれません。つまり、足汗に使う分には「足汗にも使える」という補助的な目的の方が購入後のギャップを抑えられると思います。

→塩化アルミニウム配合、制汗効果が最大の足汗制汗剤はこちら

■ファリネより使いやすい

フレナーラと同じ手汗専用の制汗剤にファリネがあります。

→塩化アルミニウム配合、制汗効果が最大の足汗制汗剤はこちらこちらも足汗に対して併用可能ですが、こちらとの比較検討をしている場合は、フレナーラの方が利便性に優れています。

ファリネの場合は、直接皮膚に塗布するパターンなので、衛生的な問題があります。パウダーを足汗に振りかけることができる専用のスプーンも付属されていますが、非常に使い勝手が悪いです。

その点、フレナーラであればプッシュノズル式ですので使いたい量を取り出せて、手に取って塗ることができるので衛生面は非常に優れています。

→ファリネとフレナーラについて比較した記事はこちらにさらにまとめています

足汗は足汗専用で用意した方が良い

フレナーラもファリネも、足汗に使うことはできますが、あくまでこれらの専門分野は「手汗」。足汗独特の「ニオイ」に対する消臭・殺菌・抗菌効果のある成分も含んでいないので、併用目的で制汗剤を選ぶことは避けた方が賢明でしょう。

ただ、症状がそこまで重くなく、「いざというとき足汗にも使えたら…」という思いの程度であれば検討の価値があります。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月25日 フレナーラは足汗にも使える?手汗と併用する際の注意点 はコメントを受け付けていません。 フレナーラ/frenar