フレナーラとデトランスαを比較〜手汗への効果を検証

国産の手汗用制汗剤フレナーラと、デンマーク産の手汗用制汗剤デトランスαの効果を比較していきます。

こちらの2つの共通点は、「制汗力が非常に高い」という点です。

従って、手汗ナースのような「安全な制汗剤」というよりも「とにかく手汗を止めたい!」とお考えの方に推奨できる制汗剤です。

個々の使用レポートはこちらです。
→フレナーラを実際に使った使用レポート
→デトランスαを実際に使用したレポート

フレナーラとデトランスαの比較

制汗力を比較

両者に含まれている制汗成分は以下のようになります。

フレナーラ:クロルヒドロキシアルミニウム
デトランスα:塩化アルミニウム

実は成分上だけの比較であると、デトランスαに含まれる塩化アルミニウムの方が制汗力は高いと言われています。塩化アルミニウム自体が実際の制汗療法に使用されている成分であること、外国製であるため成分濃度が通常よりも高いことなどが挙げられ、制汗効果は市販の制汗剤の中では最も高いと評価できます。

しかし、フレナーラのクロルヒドロキシアルミニウムが成分的に劣っているわけではありません。医薬部外品指定の成分で、効果・安全性は認められています。同じ国産のファリネに使用されているのもクロルヒドロキシアルミニウムです。

成分んお強力さでいうと、塩化アルミニウムの方が高いのに、なぜフレナーラの制汗力が対等であると言えるかというと、形状がジェルであるため「実感力が高い」のです。手汗の性質「精神性発汗」という点に注目すると、目に見える効果であるフレナーラの実感力が手汗に効果的なのです。

デトランスαのような液体、ファリネのような目に見えないほどの超微粒子パウダーではなく、しっかりと手に乗せ全体に馴染ませられるジェルが手汗という性質にも合致しているのです。また、塩化アルミニウムのように手に沁みたり、かゆみや痛みを感じることも非常に少ない成分なので、手に対してストレスを感じにくいのも評価できるポイントです。

利便性で比較

手汗ナースとしては手汗用の制汗剤というと、「持ち運び」が大前提になるので、単なる制汗力の他にこの利便性を重視しています。

特に外国製の制汗剤は、どうしても効果ばかり高めた製品が多いのですが、日本製のものはやはり緻密にそうした点を補っている印象を受けます。

例えば、デトランスαの場合、

外装が英字で埋め尽くされ存在感がスゴイ
大きくて太い、ポーチに入れたくない
キャップが外れたら液漏れする
キャップの作りがあまく、空気に触れ液体が硬化する
知名度があるので見られたらバレる

などなど。特に女性としては使うのを躊躇したくなる点が多いように感じます。個人的に最も改善してほしいのが、このパッケージです。

手汗制汗剤の比較

フレナーラを含めた制汗剤と比較しても、まるでスティックのりのような大きさと主張するような英字文。男性から見ても、これが女性のポーチに入っていたら「??」となりますよね。

逆にフレナーラの場合は、

ピンク基調で外装もかわいい
小ぶりなのでポーチにすんなり入る
プッシュ式なので使いたい量を取り出せる
プッシュ式なのでキャップが外れても液漏れしない
プッシュ式なのでジェルが酸化・劣化しない
2015年発売されたばかりなので知名度がなくばれない

簡単な話、デトランスαとは全く対照的であることもわかりますね。最近発売したばかりということは当然、これまでの制汗剤のデメリットを解消しているはずですから、当たり前といえば当たり前ですが、私たちにとっては嬉しいポイントですね。

フレナーラの手汗効果

価格を比較

両者の価格を比較します。

初回 2回目
※以降同じ
フレナーラ 850円
※送料無料
4,250円
※送料無料
デトランスα 2,900円
+送料600円
4,800円
+送料600円

初回購入の場合、フレナーラが圧倒的に安く、返金保障が付いているのでおすすめです。

2回目以降もフレナーラが安い。またデトランスαは外国製なのでどうしても送料が付いてしまいます。これは初回の割引時においてもかかってしまいますので注意。

総合評価

以上がフレナーラとデトランスαの比較でした。簡単にまとめると次のようになります。

制汗力で選ぶなら:フレナーラデトランスαどっちもOK
安全性で選ぶなら:フレナーラ
利便性で選ぶなら:フレナーラ
価格で選ぶなら:フレナーラ

>>フレナーラを40%OFFで手に入れるにはこちら

>>デトランスαを初回50%で購入するにはこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証