震えと緊張で手汗が止まらない…病的な場合は治療が必要かも

震えと緊張で汗が止まらないという場合、それが一時的なものであれば問題ありませんが、ちょっとした場面でも体が震えたり、手汗だけが異常に発汗してしまうというとき、「手掌多汗症」という病気の可能性があります。

シーンが限定されているのであれば可能性は低いかもしれませんが、それが続くようであれば、「いずれ」手掌多汗症に悩まされるようになるかもしれません。

極度の緊張による手汗は病気の可能性あり

発表 手汗

緊張やストレス、動機によって発汗される汗を「精神性発汗」と言います。

これ自体に病的な要素はなく、「手に汗握る」という言葉もあるように人間の生理現象の一つです。

ただ、これが緊張状態やストレス状態に無い、通常のフラットな状態で発汗されてしまったり、緊張状態の中でも異常なまでに発汗されてしまうような場合だと「手掌多汗症」という病気である可能性があります。

→症状のレベル判定についてはこちら

これは自律神経失調症やあがり症など、精神性の病気と密接な関係があり、神経を切ってしまう以外に具体的な治療法が無い厄介な症状です。

どうしたら手汗は止まるのか

結論から言うと、それに慣れるしかありません。

良くも悪くも手汗は「精神性発汗」なので、あなたが手汗に対して妥協し、コンプレックスを解消した時、手汗の量は明らかに減少していき、「治る」ということはありませんが、時間がそれを解決してくれます。

ただ、やってはいけないことが一つあります。

それが、刺激の強い制汗剤を使うこと。

刺激が強い制汗剤によって、手に対して負荷をかけ続けることは、精神性発汗という症状をさらに悪化させ、手汗の量が増えてしまうことがあります。

具体的には、塩化アルミニウム液を使った制汗療法や制汗剤、重曹を使った制汗療法、ワキガ用や全身用など薬品濃度が強い制汗剤、外国製の塩化アルミニウム規制量を超えた制汗剤、界面活性剤や毒性成分が多い制汗剤など。

おそらくこれまでに制汗剤を使用して、痛い・痒い・熱いなどの皮膚上のトラブルを抱えた経験は一度はあったと思います。それよりも制汗効果を望んでこらえてきたと思いますが、それが汗の量を増やしてしまう原因です。

手汗は「精神性発汗」という無意識の中で起こる発汗です。無意識の症状を意識的に抑えることはできません。制汗剤を使うのであれば、できるだけ「無意識」に近づけるため、制汗力ではなく「安全性」で選ぶように心がけてみてください。

→全手汗用制汗剤の安全性・効果の比較一覧

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月27日 震えと緊張で手汗が止まらない…病的な場合は治療が必要かも はコメントを受け付けていません。 手汗による日常トラブル