手の平にできたニキビ…それ、手汗が原因の「汗疱」かも

手の平にニキビはできません。
なぜなら、ニキビは毛穴にある皮脂腺から出た皮脂が詰まったものであり、手には毛穴が無いからです。

では、手の平に現れたぶつぶつの正体は一体なに??
それは手汗が原因の汗疱(異常性湿疹)という皮膚炎かもしれません

汗疱の正体

手汗 汗疱

http://hello.ap.teacup.comより引用

汗疱は手汗による蒸れや、洗剤・制汗剤・化粧品などによって皮膚が腐敗しばい菌の繁殖から手の平上にできた異常湿疹のことを言います。アトピーとは全く異なります。

最初は1つか2つだけで、見た目上はニキビのように見えるかもしれませんが、症状が悪化するとこのように手の平全体に行きわたります。

症状としては、痛みよりも強い痒みに襲われます。
手汗ナースは小学校からずーっと汗疱に悩まされてきましたが、治っても治っても季節の変わり目ごとに出てくるため、正直対策は慣れています(^_^;)

というのも、皮膚科に行ってステロイドを貰えば簡単に治るんです。

汗疱 ロコイド

ステロイドの種類はたくさんあるので、症状によって変わってくるでしょうが、手汗ナースは毎回このアンテベート軟膏を貰っていました。病院が変わってもこれを貰っていたので、私はこのタイプなんだと思います。

症状が出ても焦らないで

この汗疱は、簡単に治ります。薬を塗って翌日から3日以内には引いていって、長くても1週間以内には手の平はきれいになります。

でも病院に行って薬を貰わない限り、絶対に治りません。だから「汗疱かも!」と思ったらすぐに病院に行くことをお勧めします。中々この重い腰が上がらないんですけどね…(笑)

ただこの汗疱に限ってはさっさと行った方がいいです。私が長年汗疱で悩んできた経験からも言えることです。

診察時間は最速で2秒。
手の平を見せた瞬間「うん、汗疱。」といって、診察が終わります。

何年も何年も結構しつこく現れますが、手汗がひどい方や、そうでなくても体質的に肌が弱いと現れるみたいです。症状が出ても焦らず、意味の分からない市販の薬を塗ったり、制汗剤やハンドクリームを塗ったりすると絶対に悪化しますので、病院に行きましょう。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年12月5日 手の平にできたニキビ…それ、手汗が原因の「汗疱」かも はコメントを受け付けていません。 手汗による日常トラブル