半身浴で手汗が治る?手掌多汗症と入浴法の関係性

結論から言うと、手汗を改善させる入浴法などありません。

ただ、その先の「睡眠」ということを考えると、入浴法は決して軽視できません。「生活改善」と聞くととても綺麗な言葉ですが、具体的な方法としてはこうした身近な生活の一部を正していくことをいうのです。

半身浴と手汗の関係

手汗と半身浴

まず始めに、半身浴とは健康のために生み出された入浴法ではなく、ご年配の方が浴槽内で溺れないようにと考えられた入浴法だということです。

何が言いたいかは既に察してくれたと思いますが、半身浴によって手汗や、多汗症が改善されることはありません。ましてやダイエットなんて…。

しかし、入浴自体が悪いということはありません。手汗の改善のために効果的な入浴法は、寝る2~3時間前に入り手足を温めてすぐに出ること。理想の入浴時間は10~15分。これ以上長い時間を入浴に要してもデメリットしかありません。

手足を温めてすぐに寝ることで交感神経から副交感神経への入れ替わりがスムーズに行われ、眠りの質も高くなります。人間の体は手先・足先から順次眠りに入り、温まった体が急激に冷えることで眠りに落ちますので、寝る直前の入浴が最も効果的なんです。

眠りの質を高めることは手汗改善の糸口

手汗・手掌多汗症という症状は、ストレス・緊張など心理的要因によって起こる「精神性発汗」です。

従って、少しでも生活の支障となっている場面(今回であれば睡眠)があればそれを正していくことは手汗の改善に必ず役立つはずです。

手汗を治す入浴法ではなく、よく眠るための入浴法が、手汗に対して効果があることを覚えておきましょう。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月15日 半身浴で手汗が治る?手掌多汗症と入浴法の関係性 はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A