手掌多汗症がオナニーのやりすぎで悪化〜自律神経に与える影響は

手掌多汗症がオナニーやセックスのやりすぎで悪化してしまうのでしょうか?

ここではマジ&ガチにその関係性を検証していきます。

手掌多汗症が自律神経失調症やホルモンバランスの崩れと影響しているのはすでにわかっています。従って、オナニーやセックスによってホルモンバランスや自律神経に与える影響は大きいのではないかと思い調べてみました。

オナニーやセックスによって分泌されるホルモン

実は、オナニーやセックスを行うことによって増殖したり減少したりするホルモンは「無い」と言います。つまり、オナニーをやりすぎること、セックスをしすぎることが自律神経に影響を与えたり、手汗を増やすことにはつながらないということになります。

オナニーによって失われる成分

鉄分や亜鉛といった栄養素が減少することはありますが、それが健康被害や自律神経失調症・手掌多汗症を悪化させるものとは言い難いそうです。

むしろオナ禁(オナニーをしないこと)によることの方が、ホルモンバランスを崩す大きな原因だと言います。これは「オナニーに関する研究」という公式機関の研究結果で発表されているため、無理に我慢したりすることに科学的メリットはないそうです。

むしろセックスは手汗を抑える有用性があるかもしれない

多汗症とセックスの関係

オナニーとセックスは科学的には「同じ行為」とされていますが、セックスについては「ストレス軽減」のために有用性があるのではと昔から言われています。

意外と知られていませんが、アメリカは「ストレス大国」と言われていて、その軽減のためにハグを日常的に行う文化があります。ハグをすると1日のうちの3分の1のストレスが解消されると言われており、アメリカでは挨拶のように行われているのです。

よく「セックスをしている人は綺麗」なんて言ったりしますよね。それはストレスによる影響を毎日体を触れ合わせる相手がいるから、うまく外に逃がすことができていて、心理的にも肉体的にも洗練されているからなのです。

手掌多汗症や自律神経失調症も、その大本となる原因は「ストレス」です。セックスをその解消の手段として持っておくのは非常に有用性があるのではないでしょうか。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月31日 手掌多汗症がオナニーのやりすぎで悪化〜自律神経に与える影響は はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A