重曹が手汗に効かない理由~炭酸水素Naもタルクも制汗成分ではない

重曹は手汗を抑えるものではありません。

恐らく、何人もの方が重曹の手作り制汗剤を試したことがあると思いますが、まあ…効かないですよね(^_^;)

それは、重曹に含まれている炭酸水素ナトリウムや滑石が制汗成分ではないという単純な理由。これらは肌を清潔にしてくれる成分であって、決して汗を止めてくれるものではありません。

重曹はニオイ対策として使用するもの

重層は手汗に効かない

重曹は掃除の裏技アイテムなどでよく紹介されますが、そもそもは洗浄・殺菌効果がある成分で、制汗効果のある成分ではありません。

従って、手汗・足汗・脇汗などのニオイ対策には有効です。重曹はアルカリ性の性質を持っており、酸性の性質を持っている汗のニオイを中和してくれるのです。

ただ、汗はそもそも肌を清潔にするために発汗される性質を持っているので、重曹がいくら肌に優しいといっても積極的に使用するものではありません。代謝活動そのものを損なわせ、かえって肌荒れを引き起こす危険性もあります。

足汗については皮膚も厚く、多少刺激の強いものを使用しても問題ありませんが、手汗については性質上からも肌にリスクを伴わせるものは塗布しない方が賢明です。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月27日 重曹が手汗に効かない理由~炭酸水素Naもタルクも制汗成分ではない はコメントを受け付けていません。 手汗対策の制汗剤Q&A