季節の変わり目の手汗・汗疱対策〜皮が剥けてもいじらない!

手汗ナースは肌が弱く、手汗もひどいです。

ただ季節の変わり目になると、首の周りが乾燥したり、手汗が全く出なくなったり、逆にすごく出るようになったり、体中が悲鳴をあげます。

汗疱(かんぽう)といって、油っぽいぬめぬめしたブツブツが指の腹にたくさんできたり、手に関するトラブルには非常に悩まされます。今では病院に行ってステロイド薬で引いていきました。

季節の変わり目に体に異常が出る原因

季節の変わり目 汗疱 手汗

季節の変わり目に体に異常が起こる原因は、気圧・環境の変化や、食の変化が大きなところでしょう。特に大きく影響しているのは「食」だと言われています。

手汗や汗疱の原因自体がよく分かっていないと言われていますので確信を持ったことは言えませんが、口に入れるものによって体が作られていることは確かなので、その変化による影響が大きいと言えます。

手汗・汗疱の対策法

手汗 汗疱

http://hello.ap.teacup.com 引用

手汗の対策法

季節の変わり目に手汗がひどくなる方も全く出なくなる方も、できるだけ「何もしない」のが一番です。よく「塩化アルミニウムがいい」ということも聞かれ、また実際の制汗療法においても使用されていますが、肌にかかる負担は大きく、これをやり続けることで「治る」わけではないので結局は「痛み」との戦いです。

また汗疱を悪化させることになりますので、制汗剤を肌に塗布したい場合は、塩化アルミニウムや界面活性剤など毒性の成分が少ないものから選ぶようにしてください。

→全手汗用制汗剤の一覧と効果の比較

汗疱の対策法

手汗ナースは、物心ついたときから大学生くらいまでずっと汗疱に悩んできました。その経験から判断するに、ステロイドを塗り続けるしか方法はないと言えます。

ステロイドは非常に効果が強いので、早ければ1日、遅くても1週間で汗疱は無くなります。若かった頃は、なぜか病院に行くのをためらったりしていましたが、もうさっさと病院に行ってステロイドをもらってください。そして汗疱は繰り返されるものなので、症状が再発したらまた行く。この繰り返しです。

特に汗疱と手掌多汗症を併発している場合、先ほども言いましたが塩化アルミニウムなどの毒性の強い薬品の入った制汗剤は使用しないでください。

汗疱は皮膚病、手汗は精神病です。
対策を一緒にしてしまうと思わぬトラブルになりますので注意するようにしましょう。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年11月2日 季節の変わり目の手汗・汗疱対策〜皮が剥けてもいじらない! はコメントを受け付けていません。 手汗による日常トラブル