手汗に効果がある漢方薬〜手掌多汗症を根本から改善

手汗に効果がある漢方薬を2つ紹介します。

多汗症や汗に関する漢方は実は何種類も存在しますが、この2つの漢方は、汗の中でも特に「精神性発汗」に効果があると言われているものです。

柴胡加竜骨牡蛎湯
さいこかりゅうこつぼれいとう

柴胡加竜骨牡蛎湯 手汗

動悸や神経の高ぶり、興奮を鎮静させる効果があります。精神安定作用があり、全身の多汗症、手汗・足汗など局部性の多汗症、パニック障害やあがり症などにも効果があることで知られている漢方薬です。

柴胡加竜骨牡蛎湯に合う体質

・体力は中等度以上

・精神不安がある

・動悸、不眠、便秘などを伴う

体にかかる負担も大きいと言われているため、体力がない、虚弱な方が使用すると症状の悪化につながりますので注意してください。

柴胡桂枝乾姜湯
さいこけいしかんきょうとう

柴胡桂枝乾姜湯 手汗

神経過敏状態を鎮静させ、心と体を落ち着かせる効果がある漢方薬です。神経が緊張状態にあると、血流も悪くなり、発汗が異常になります。それを予防する効果があり、精神性発汗の特性を持つ手汗に有効に働きます。

柴胡桂枝乾姜湯に合う体質

・体力が弱い

・冷え症

・貧血気味

・動悸、息切れがある

・神経過敏

先に挙げた「柴胡加竜骨牡蛎湯」が体力がある人に向けられているのに対して、こちらは体力がない人に推奨される漢方薬です。女性は柴胡桂枝乾姜湯を選んで使用した方がいいでしょう。

よく誤解されますが、「体力がある人向けの漢方薬の方が効果が強い」ということは決してありません。漢方薬も他の医薬品も、体質にあったものを使って初めて効果が得られるものです。特に漢方はこの考え方を重視しているので、お医者さんに相談する際も意地を張る必要は全くありません。

漢方は自己判断で購入するものではありません

まるで万能薬のように語られている漢方ですが、東洋医学の歴史から「漢方で病気が治ることはない」と当初から言われています。

また、非常に高い東洋医学の知識が求められ、ここで解説した効能だけを見て自分に合うものかどうかを判断するのは非常に軽率です。

全く効果がなかったり、また逆に症状が悪化してしまったりということは漢方薬においては日常茶飯事です。必ず医師の処方の元入手するようにしてください。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年11月4日 手汗に効果がある漢方薬〜手掌多汗症を根本から改善 はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A