手掌多汗症手術の後遺症「代償性発汗」ってどんだけキツイの?

手掌多汗症の手術を行うと「必ず」と言っていいほど起こり得る副作用・後遺症があります。

それが「代償性発汗」です。
※代替性発汗と言ったりもします。

多汗症と言えど、汗というのは生理現象・代謝活動の一種なので、それそのものを無かったことにするのはできず、どうしても副作用として代償性発汗が起こり得るのです。

代償性発汗とは

手掌多汗症

手掌多汗症の手術とは、手の発汗による神経を切断する手術ですが、人間の体から出る汗の量が減少する手術ではありません。

つまり、手から汗が出ることは無くなるのですが、それは手以外へ発汗場所を移しただけで、発汗の絶対量が減少するわけではないのです。

これを「代償性発汗」と言い、95%以上の確率で起こる副作用です。従って、手術を決断する際は、この副作用が伴うものだと思って決断しなければなりません。

代償性発汗の本当の辛さ

手の乾燥に悩まされる

手の平には皮脂腺がありません。つまり、油が分泌されず、ニキビができません。手のひらの潤いは、なんらかの影響で付着した油分と、わずかな手汗によって保たれているものなのです。

従って、手汗がなくなると、手の平は強烈な乾燥に襲われ、ミイラ化します。硬く鱗のような肌になってしまう方もおり、それが新たなコンプレックスになることもあります。ハンドクリームは年中手放せなくなるので、そうしたリスクも天秤にかけながら慎重に決断してください。

汗の量が増える

代償性発汗によって、脇や背中、顔など他の部位の発汗量が増えることになります。

そしてその発汗量は、神経を切断する手術によって起こるものなので、想定しているものより多い発汗がされてしまうこともあります。

また「精神性発汗」という症状の根本を改善したわけではないので、脇の多汗症・背中の多汗症など、悩みの箇所が転移するだけになる恐れもあります。

手術は決断すべきか

この副作用を受け入れても、なお手術を選択するべき人は、目安として「手掌多汗症レベル3」の方(レベルの詳細と判定についてはこちら)。

それ以下の方は、手術によって得られるメリットと副作用との折り合いが付きません。もちろん医師との相談にはなりますが、現代医学において手掌多汗症やその原因である自律神経失調症の症状は「治らない」と言われているため、ほとんどの確率で手術を推奨されると思います。

従って、最終的に自分の生活背景や環境、仕事、将来などを考えながら慎重に決断すべきでしょう。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月30日 手掌多汗症手術の後遺症「代償性発汗」ってどんだけキツイの? はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A