手掌多汗症は自律神経の不良が原因〜治療には交感神経切除

手掌多汗症は自律神経失調症の症状と非常によく似ています。

「心の問題」などと言われるのもこれが原因で、自律神経の暴走が多汗症を引き起こしているのです。

自律神経が原因ってどういうこと?

手汗 自律神経

手汗は「精神性発汗」という緊張・ストレスなどのドキドキするシーンにおいて、手のひらから発汗される生理現象・代謝活動です。

これは、副交感神経と交感神経という自律神経の切り替わりで発汗されるのですが、手掌多汗症の場合、その切り替わりに異常が伴い暴走してしまうことが原因なのです。

従って、季節や温度など外的な問題は影響せず、大量に発汗される人もいれば、全く発汗されない人もいます。

自律神経が影響しているというのは、この神経系の異常が原因であり、治療のための手術はこの自律神経(交換神経)を切断してしまう方法によります。切断すればもちろん後遺症は残りますので慎重な判断が求められます。

→手術の危険性と100%起こる後遺症

自律神経を正常にする方法

手術以外の方法で自律神経を改善するには、自律神経失調症などのリハビリ療法など、心理的療法を行うことになります。

他には、肌に優しい制汗剤によって、手に対しストレスをかけないことも大切です。実際に病院で行われている塩化アルミニウムによる制汗療法や手術は、肌にかかる負担が大きく、手に対する意識はどうしても強くなってしまいます。

痛みやかゆみ、刺激、代償性発汗によるストレスなど、「汗」に関する負のイメージが頭から離れることはありません。こうなってしまうと、「精神性発汗」の思うツボ。「自律神経を整える」というのは、汗に対する意識を無意識なものに変えることが大切なのです。

そのために制汗剤を、制汗力ではなく「安全性」で選び、毎日使うことにストレスをなくしていくのです。制汗成分の濃度が高い外国製の制汗剤は確かに制汗力が強く、汗は一時的に止まりますが、刺激を伴ったり手荒れが深刻化すると制汗剤を使うのが億劫になりますよね。これでは自律神経はいつまでも整わず、結果的に発汗量が増える傾向にあるのです。

手掌多汗症改善に必要なことは

手術は危険も伴いますが、これまで悩んできた手汗への程度によっては、副作用を受け入れてもなお決断の価値がある場合があります。

そうでない方は、説明した心理療法や制汗剤を試してみると良いでしょう。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月31日 手掌多汗症は自律神経の不良が原因〜治療には交感神経切除 はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A