手汗が臭い!原因となっている成分は何?

手汗の臭いの原因は、「手汗の放置」です。

手汗自体はエクリン腺から発汗され99%が水分で、むしろ雑菌を洗い落とすために分泌される洗浄液のようなものなのですが、水は放置するとカビを生むように、手汗も放置していると臭いを放つのです。

手汗はワキガのように粘性を持った汗とは違い、清潔なものですが、「水」や「湿気」と同等のものともいうことができるのです。

放置すると汗疱を引き起こすことも

手汗が臭い

手汗が臭う原因は、手汗を放置していることによる細菌の繁殖です。

これをさらに放置していると、汗疱という水虫に似た湿疹を引き起こすことにも繋がります。

汗疱は、指の腹や手のひら上にできる、水疱のようなもので非常にかゆいです。実は手汗ナースは幼い頃から大学生くらいまでずっと汗疱に悩まされており、それが手汗が原因であることに全く気付きませんでした。

あいにく臭いはなかったのですが、臭いを発しているということはかなりの確率で汗疱が起こる可能性があります。細菌による手のかゆみで掻きむしってしまうと、傷口が生まれ、そこに細菌が侵入し症状を悪化させてしまい治りにくくなります。

菌自体は大して強くないので、皮膚科でステロイド薬をもらうだけですぐに治るのですが、繰り返されてしまうのが汗疱の厄介なところ。だから手汗ナースも長く悩んでいました。

手汗が臭う、繰り返される、肌が荒れる、こうした経験がある方は注意するようにしてください。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証