オドジェルミンの手汗への効果は?実際に使ってクチコミを評価

制汗成分塩化アルミニウムを配合した全身用の制汗剤オドジェルミンローションをレビューします。

制汗剤の中で人気が高い「オドレミン」を改良し、薬剤師である社長自らが開発した商品です。しかし、塩化アルミニウムは効果が高い反面肌への負担も大きいので、手汗ナースのように肌が弱い方は使用に適さないかもしれません。

オドジェルミン制汗ローション表面

オドジェルミンは通販サイト楽天のデオドラント部門ランキングで1位を獲得し、今なお売れ続けている商品です。

オドジェルミンが評価されている理由は、

  • 多汗症治療に実際に使われている塩化アルミニウムを配合している
  • ジェル状に改良しあらゆる部位に塗りやすい
  • 薬剤師が開発した制汗剤である

オドジェルミンの使い心地・利便性

オドジェルミン制汗ローションのずる

オドジェルミンはプッシュノズルになっていて、取り出したい量を調整することができてとても便利です。

でも手汗ナースの場合は、「持ち運び」を前提にしているため、このようなビンに入っているタイプだと少し不安です・・・。落としたら確実に割れちゃうタイプのビンです。

オドジェルミン制汗ローション手の平乗せ

実際に手の平に出してみると、その粘り気にびっくりします。オドジェルミンはオドレミンに粘り気・とろみを加えて改良した商品です。

オドレミンもまた塩化アルミニウムを配合して強い制汗効果がありましたが、サラッとしていて脇や他の部位に塗布しにくいという欠点がありました。手汗の場合はあまり関係ありませんが…。

オドジェルミン制汗ローションのとろみ

手汗に対する制汗だけを目的にしている方の場合、このとろみははっきり言って不要です。このとろみを演出しているのはヒドロキシエチルセルロースというポリマー成分と、片栗粉のような働きをするグリセリンの配合量を増やしているためです。

どちらも手汗に対する効果があるわけではなく、質感・利便性を求めて配合されている成分です。ワキガ用制汗剤が手汗に対して効果が無いように、余分な成分が配合されている制汗剤は手荒れや炎症、かゆみ予防のためにも極力使わない方がいいというのが手汗ナースの考えです。

実際の手汗制汗効果

オドジェルミン制汗ローション馴染ませ

制汗効果については、残念ながらアマゾンや楽天のクチコミにもあるように、そこまで高くない印象を持ちます。

写真では分かりづらいですが、馴染ませて30分以上経っても手の平のベタつき・油のようなテカリが取れません。手の平での残留感・滞留感があって、仕事や作業も集中できません。

やはり、いくら多汗症治療に用いられている成分と言えど手汗用としては適していないのかもしれません。

塩化アルミニウムとは

塩化アルミニウムは、実際に手汗や脇汗の多汗症で悩まれる方に向けた治療法として使われる成分です。

手のひら上のタンパク質を固めてしまう効果があり、アポクリン腺・エクリン腺問わず、汗腺を塞ぐことができます。しかし、オドジェルミンのHPにも解説があるように、非常に刺激性を伴うため敏感肌の方や、制汗剤を使用してかぶれたり、痒い思いをしたことのある経験をお持ちの方は注意してください。

塩化アルミニウムの危険性

オドジェルミンの詳細データ

商品名 オドジェルミン ローション(化粧水)
発売元 有限会社快誠堂
製造販売元 メディコス製薬株式会社
価格 1,850円~
使用目安 1~1.5ヶ月
評価

ワキガや全身用制汗剤としては優れていますが、
手汗用としては不要な成分が多く、逆効果になることもあります。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年9月23日 オドジェルミンの手汗への効果は?実際に使ってクチコミを評価 はコメントを受け付けていません。 オドジェルミン/Odjelmin