手掌多汗症にプロバンサインは効果なし…副作用が手汗を悪化させることも

手掌多汗症の症状に対して手汗ナースは昔プロバンサインを服用した経験があります。
結果は、まるで効果なし…(^_^;)

まあ、外国製の薬なんてこんなもんでしょう。

今でこそ知識があり、なぜ効かなかったのかわかりますが、当時は藁にもすがる思いで買った記憶があります。

プロバンサインが手掌多汗症に効かない理由

プロバンサイン 効かない

プロバンサインとは外国の製薬会社「ファイザー製薬」が発売している神経系の薬です。日本でプロバンサインを手に入れるには医師の処方が必要ですが、通販によって個人輸入することは可能です。

結論から言うと、プロバンサインによって手掌多汗症を治すことはできません。

そもそも、手掌多汗症の治療法がまだ明らかになっていないワケですから、治るのであればもっと広まっているはずですよね。

成分としては、全身及び手汗のような局部性の汗にも効果がある成分を含んでいます。緊張やストレスなど精神性発汗は自律神経に左右されており、この自律神経に働きかける主成分を含んでいます。

サプリメントではなく、一応「薬」であることは一定の信頼基準にはなりますが、医師の診断を受けずに自己判断するのはやめましょう。

プロバンサインが手汗を悪化させる?

なぜプロバンサインが手汗に効かないのか?というと、手汗ナースが実際に飲んで効果が全くなかったというのもありますが、プロバンサインは副作用が多く、体にかかる負担を軽視できないのです。具体的には、口渇・目の調節障害、排尿障害、強い眠気など。

薬を飲むわけなので「ノーリスク」ということはありません。この副作用は高い確率で確認されていて、特に口の渇きについては強く感じられるそうです。

このように、あるコンプレックスを解消できても、また新たなコンプレックスや悩みが生まれるのであれば、手汗に対する考えやストレスはいつまでもあなたの頭の中から離れず、改善には向かわないのです。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月29日 手掌多汗症にプロバンサインは効果なし…副作用が手汗を悪化させることも はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A