手汗対策のパウダー制汗剤は手荒れやかゆみの原因になる?

「パウダーの手汗制汗剤は肌に悪い」

ということをあなたも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか??

手汗ナースは生まれつき敏感肌で、化粧品もワセリンやオーガニック系統のものしか使っていないので、肌に悪いかどうかは自分の肌がすぐに答えを出してくれます。

その答えをいうと、パウダーは比較的安全。むしろ、ジェルやクリームタイプのものの方が肌にとって負担となるものが多いという印象を持っています。

かゆみや手荒れの原因は?

手

制汗剤・化粧品・薬品を使って肌がかゆい・痛い・熱いなどと感じるのは、肌表面の膜が損傷し、皮膚にダイレクトに成分や雑菌が触れているからなのです。

つまり、制汗剤や化粧品に肌表面の膜を壊す成分が含まれているということになります。

その正体が「界面活性剤」です。

界面活性剤とは、水や油といった本来混ざり合わない成分同士を結びつけることができる化学成分です。身近な例で言うと、マヨネーズを作る時に使う「卵黄」です。

この界面活性剤は様々な成分を配合している制汗剤や化粧品などにとっては非常に便利である反面、人体に与える影響は大きいという、矛盾が生じてしまっているのです。

そしてジェルやクリームは、自然界にはないもので、水分と油分のバランスでその形状をしているものです。つまり100%の確率で界面活性剤が配合されています。

また、手の平には皮脂腺、つまり油を分泌する機能がありません。なので手のひらにクリームを塗るとなにかヌルヌルと滞留感があったり煩わしさを感じたりすると思います。逆に皮脂腺がある手の甲であれば、よく馴染み艶やかさを演出してくれると思います。

これは、油は油で落ちる・馴染む性質があるためです。

手の平の特徴や、成分の特性からも、手汗用の制汗剤はクリームやジェルタイプのものは使うべきではないのです。

パウダーであれば安全なの?

パウダーであれば、界面活性剤等は使用されておらず、また毒性成分の配合割合もジェルやクリームなどとは明らかに少なくなります。

もちろん、肌に何かを塗るという行為そのものが「良いこと」ではないので100%安全ということはありませんが、ジェルやクリームと比べると安全性は極めて高くなります。

ただ、パウダーの中でもベビーパウダーのように粒子が大きかったり、香料や余分な成分が入っているものは使用するべきではありません。

パウダー制汗剤でも、必ず配合成分や商品の特徴は確認するようにしましょう。

→肌に優しい手汗用パウダー制汗剤

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年9月19日 手汗対策のパウダー制汗剤は手荒れやかゆみの原因になる? はコメントを受け付けていません。 手汗対策の制汗剤Q&A