手汗ナースのプロフィール/運営者情報・特定商取引法

イラストこんにちは!手汗ナースです( ´ ▽ ` )ノ

26歳、新宿でOLをしています。
ちなみに若くして子持ち、「母」という側面も持ち合わせています。
母乳育児を応援するWebサイトも運営しているので、是非お立ち寄りいただければと思います。

 

手汗ナースは小学校4年生くらいから手の多汗症を自覚し、これまで生活してきました。

思春期の頃と比べると、当時のような強いコンプレックスは感じなくなり、人と触れ合うときも自虐的に「私手汗ハンパないんだよね~!笑」と言えるようになりました。周りの人にも恵まれているかもしれません。

しかし、今でもやっぱり手汗は辛いです。

いくら周りの人が「気にならない」と言ってくれても、ベタベタと自分から触れるわけにはいきませんし、治せるものなら治したいです。

お気に入りの制汗剤が見つかっても、それは手汗を治すものではなく抑えるもの。手の多汗症を治すことは今の医学では無理なんです。色んな本を読んで手汗の解決策を探りましたが、「手汗は精神的な問題」などと非常にやっつけなものが多くて、具体的な解決法を記したものはありませんでした。

怪しい数万円もする教材も多分、全部買ったと思います。
そこに書かれている内容は、

塩化アルミニウム液でセルフ制汗しましょう
自律神経失調症の疑いがあります
半身浴をしましょう
暇があれば手汗のツボを押しましょう
食生活を正しましょう

という、ネットに転がっている情報の寄せ集め。

本当に手掌多汗症で悩んでいる人が書いたのかな?と疑いたくなるようなものばかりでした。悲しいです。

ただ、コンプレックスがない人なんていませんし、私は幸せなことに手汗以外のことで自分の体のことで悩んでいることはありません。

胸が小さい、ニキビができやすい、目が小さい、毛が濃い、ワキガがある、太っている、髪が薄い

そんな何かしらのコンプレックスを抱えてみんな生きているのだから、私も今はこの手汗と共存するしかない。そんな気持ちにいつしか変わっていきました。

手汗ナースが手汗に対するコンプレックスを克服できた理由

女子高生の手汗

実は手汗ナースは、手汗がひどいだけじゃなく、手荒れもひどく見せられないほどボロボロでした。元々肌が弱く、指の付け根や擦れ合う部分が痒くて仕方ありませんでした。ご存知の方もいると思いますが、汗疱ですね。

手汗 汗疱

http://hello.ap.teacup.comより引用

当時の写真はないので、引用させてもらいます。こんなやつ。

こうしたこともあって、ワキ汗用の制汗剤や刺激成分・毒性成分がたくさん入ったものは痒くて肌荒れもひどくなるので使えませんでした。使うと後で後悔しますが、これ結構イタ気持ちいんですよね…(笑)

でも手荒れは病院に行って薬をもらうとすぐ治ります。ただ季節ごとに繰り返してしまうので、併せて使う手汗用の制汗剤は、痒くならない、肌に優しい、というのが私にとって必須の条件でした。

皮膚科でもそういった手汗用の制汗剤は無いか聞いたこともあります。

そこで教えてもらったのが塩化アルミニウム液を使った制汗方法。実際に多汗症の制汗治療として医療現場で行われています。ただ、これは刺激が強く手汗ナースのように肌が弱い人には行われていない方法です。

とてもじゃありませんが継続できませんでした。

学校のテストでは紙がしわしわに、車は免許は取れましたがもう運転していません。会社のキーボードやマウスも基本手袋をしながら操作しています。

手袋をしていると、周りからの目が本当に苦痛で、「手汗がすごい」というよりぬ~べ~のように気味悪がられるのが実情です。その手袋の下は一体どうなっているのか??という目で見られている気がするのです。

イラスト気の知れるようになった人には手汗のことを打ち明けますが、みんな「え??そんなこと??」とびっくりされます。意外と周りからは手汗自体が気持ち悪いと受け止められることはないのだと安心するのですが、同時に手汗の苦労が本当に分かっていないんだなと思います。

全然「そんなこと」ではないし、もっと私の苦労を分かってほしいと思いましたが、分かってくれたところで気を遣うだけなので逆に助かったかもしれません。だから精神的にも強くなれたのだと思います。

手汗ナースの基本的な制汗対策

手汗ナースは基本的に塩化アルミニウム不使用の制汗剤を常用しています。

とにかく肌が弱いので安全性を重視しています。そしてアポクリン腺という手にはない汗腺に働く制汗剤(ワキガやデリケートゾーンなど「全身用」と謳った制汗剤やミョウバン水)は使いません。

手汗に無関係な成分が多ければ多いほど、かゆみや手荒れの原因につながります。手の平にある汗腺はエクリン腺、そして手汗はワキガのように匂いを放つわけではないので消臭・抗菌・香料成分は不要なのです。

塩化アルミニウムも、皮膚表面のタンパク質を凝固させる仕組みをもった成分です。従って、ひどい乾燥や手荒れ、湿疹の原因になるのです。

安全性で比較した制汗剤の一覧

長くなりましたが、手汗ナースのプロフィール及び手汗の経歴に関する紹介は以上になります。手汗は現代医学では治りません。これは残念ながら真実のようです。

しかし、手汗は制汗剤を使って安全に抑えることができ、私たちの暮らしをサポートしてくれます。このサイトを読んであなたの生活のストレスが少しでも和らぐことができれば、サイトの作成冥利に尽きます。

運営者情報
運営者 手汗ナース
連絡先 otoiawase★tease-nurse.com
※「★」を「@」に変換してください

特定商取引法と免責事項記載

当サイトでは、手汗対策となる商品を幾つか紹介させていただいていますが、直接販売などは行っておりません。従って、商品をご購入の際は、直接販売者様の公式ページにて購入下さい。一部のページには商品に関するアフィリエイトリンクを掲載しており販売者様のページへ移動することができます。しかしこれによって、当方が個人情報や購入に際しての契約情報・クレジットカードの情報などを知ることは一切ございません。同様に、商品を使用した際に生じたトラブル(肌荒れ・炎症・効果の有無・配送事故・契約上のトラブルなど)についても責任を負い兼ねますので予めご了承ください。その際は必ず販売者様へご連絡いただくようお願いします。

当サイトで紹介している制汗剤は管理人・手汗ナースの主観による一個人の感想です。しかしこれを利用して薬事法等に意図的に触れるような表現等は避けています。極力ありのままをお伝えし、私と同じ悩みを持たれる方の手助けとなれるサイトを目指していますが、管理人が得た効果と同じ効果を保証するものではありませんのでご注意ください。

手汗対策に用いられ、直接肌に塗布するものについては、すべて「薬」です。もしこれを使用して肌に異常・違和感を感じたり、症状が悪化した場合は決して自己判断せず皮膚科や専門医にご相談下さい。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年9月17日 手汗ナースのプロフィール/運営者情報・特定商取引法 はコメントを受け付けていません。 未分類