暑くない(むしろ寒い)のに手汗が出るのはなぜ?代謝や体質が原因?

季節や温度、環境に関係なく手汗が出てきてしまう症状。夏は暑いからしょうがないまでも、冬はかじかんで手の冷えは深刻に。他の部位は正常なのに、手汗だけは無関係に滴るように出てきます。それは一体なぜか?

手掌多汗症

そう呼ばれている手の平の多汗症は現代の医学では未だ解明されておらず、治す方法はないそうです。手術もあるにはありますが、代償性発汗という副作用を100%引き起こします。手の汗はおさまっても他の部位から分泌されるようになったり、体のある部位が適正に機能しなくなったりする症状です。

なぜ季節や温度に関係なく手汗は出てきてしまうのか?手掌多汗症という症状の実態は?そうした視点でまとめてみようと思います。

冬場の手汗対策

samuinoni-tease

手汗は夏より冬の方が脅威です。なぜなら、冷たい汗が手にとどまり「冷え」に変わるからです。手掌多汗症は自律神経の不順が原因で起こり、手足に熱を送る働きがある副交感神経が鈍っているため、冷え性を併発している方が多いのです。

対策としては、体を温めたりリラックス効果のあるハーブティーを飲んだり、内側から体を温める温野菜を中心に取ることが大切です。発汗作用のある辛い食べ物は避けましょう。

寒くても汗が出てしまう原因

なぜ夏でもないのに、体が熱いわけでもないのに汗が出るのかというと、汗を出すために機能している交感神経の働きが鈍っているからです。

汗を出すためには頭ではなく無意識下で機能している自律神経が判断します。その自律神経の働きが鈍いと、自分の「暑い」「寒い」という意識を無視して発汗してしまうのです。

手汗にかかわらず多汗症が「精神病」だと言われているのは、この自律神経の機能の不順が原因だからです。特に冬場の寒さは、体そのものの機能を低下させてしまうため、多汗症ではない人も自律神経の作用に問題が出やすくなります(それが「冷え性」です)。

冷え性が深刻化したものが、冬の多汗症です。そして一度でも冬の手汗を経験して、嫌な思いをしたことがあると、その感情が脳裏に焼き付いているため、「今汗が出るとやばい」「手が冷たくなるのは嫌だ」という緊張・動悸が襲い、手汗スイッチをONしてしまうのです。

冬の手汗予防策

私が実践している冬場の手汗対策は次の3つです。

 ふくらはぎのマッサージ
冬場は私のように手汗で悩んでいない人でも自律神経が乱れがちになる季節です。それは寒くなって運動不足になり血流が滞りがちになるからです。「運動をしろ」というわけではなく、1日10分寝る前やお風呂上がりにふくらはぎを揉んであげて、全身の血流をスムーズにさせましょう。これだけで冷え性や自律神経の乱れが改善されていきます。

 温かいもの(辛いものはNG)を中心に食べる
温かい食べ物を食べることは心の安定につながります。逆に夏場は体を冷やさない程度の冷たいものを摂ることが汗対策になります。冬場は冬の、夏場は夏の食生活をすることで、交感神経・副交感神経の切り替えスイッチがうまく機能するようになります。強制的にスイッチを切り替える辛いものは逆効果になるためダメです。

 肌に優しい制汗剤を使う
外出先や仕事で手汗を抑える物理的な方法は制汗剤を使うことです。しかし制汗剤というとワキガ用やシーブリーズなどの清涼剤、塩化アルミニウムなどの高刺激なものばかり浮かんでしまいますが、そういったものは全く効果も無ければ、手荒れ等にも繋がるとても危険なものなので「手汗専用」の肌に優しいものを使うようにしてください。

手汗専用の制汗剤の選び方

制汗剤については必ず「手汗専用」のものから選ぶようにしてください。脇汗用・全身用といったものは手汗とは異なる汗腺に働きかける成分を配合しているため、思った効果を感じられないことが多いです。

手には毛穴がないため毛が生えたり、ニオイを放ったり、ニキビができたりしないはずです。逆に全身用やワキ用の制汗剤にはニオイを抑える消臭成分や香料、皮脂を抑える吸収剤などが入っていたりします。

手汗には全身用やワキガ用、足用といった制汗剤は効果がありません。確かに汗を一時的に抑えることはできますが、痒かったり、手が荒れたりすることが多いのです。

手汗用制汗剤一覧

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2016年11月11日 暑くない(むしろ寒い)のに手汗が出るのはなぜ?代謝や体質が原因? はコメントを受け付けていません。 手汗による日常トラブル