手汗・脇汗・わきが・足汗の違い〜制汗剤も異なるため「全身用」は効果なし

体から発汗される汗を分類しました。

汗腺には、エクリン汗腺・アポクリン汗腺と2種類あります。

汗の種類には温熱性発汗・味覚性発汗・精神性発汗と3種類あります。

部位別に分けると、手汗・脇汗(わきが)・足汗・背中汗とこちらは無数にありますが特に悩みの多いものについて解説していきます。

汗の種類

汗腺の種類

【エクリン汗腺】
エクリン汗腺は全身に分布している非常に細かく目に見えないほどの汗腺です。分泌される汗は99%が水分で、匂いもほとんどありません。ただ、腸内や内臓器官に異常を抱えている方はこの汗に匂いが加わり、加齢臭の原因となったりします。

【アポクリン汗腺】
アポクリン汗腺とは、耳・脇・股間・へそなど、限定的な箇所に分布し毛穴の中に存在します。汗腺も非常に大きく、汗には雑多なニオイ成分が交わり粘り気があるのが特徴です。人によってこのアポクリン腺の数が異なり、汗腺の数が多いとワキガになりやすくなります。

汗の性質の種類

【温熱性発汗】
皮膚で熱を感じることで発汗される汗を言います。

【味覚性発汗】
熱いものや発汗作用のある食べ物を口にした時に出る汗を言います。

【精神性発汗】
緊張・ストレス状態の時に発汗される汗を言います。

部位別の汗の特徴

【脇汗・ワキガ】
汗腺:エクリン汗腺・アポクリン汗腺

単純な脇汗の多汗症と、ワキガは異なります。
アポクリン汗腺が多く、ニオイを持つ方をワキガといい、単純に脇汗の量が多い人をワキガと言うことはありません。

従って、脇汗の多汗症用にワキガの制汗剤を使用することは解決方法としては誤っています。

【足汗】
汗腺:エクリン汗腺

足汗は性質的には手汗と似ていますが、社会的な背景から私たちは毎日靴を履いており、これが大きな足汗や足臭の原因となっています。

対策としては日々の靴のケアの方が重要で、足自体は特殊な制汗剤や特殊な石鹸を用いる必要はありません。1日に放出した汗が、靴から完全に乾ききるためには3日以上かかるため、毎日同じ靴を履くことは避けましょう。

足汗はニオイを持っていますが、これは単純に蒸れによるものなので、ワキガ用の制汗剤ではなく、足汗専用の制汗剤を使うようにしてください。

【手汗】
汗腺:エクリン汗腺

手汗は緊張時・ストレス時に発汗される精神性発汗によることが多いと言われています。掌には毛穴がないため汗腺はエクリン汗腺のみ。ニオイもないため、手汗に対してワキガ用や全身用の制汗剤を使用しても全く効果がありません。ベタつく・痒い・痛い、といった場合は制汗剤の選定がまちがっている可能性があります。

→全手汗用制汗剤の一覧と効果の比較

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月15日 手汗・脇汗・わきが・足汗の違い〜制汗剤も異なるため「全身用」は効果なし はコメントを受け付けていません。 手汗対策の制汗剤Q&A