学校のテストやプリントが手汗でビチョビチョ…多汗症は一生治らないの?

私はこの手汗と26年付き合って生きています。私もあなたと同じように、学校のテストや、受験のときも手汗には悩まされてきました。もちろん今もOLとして働く中で事務処理が中心なので周りの方々に迷惑をかけてしまうことがあります。

まず結論から言うと、この手汗を治すことはできません。

私もタオルを持ったままテストに臨むことを許していただいたり、受験はわざわざ指定校推薦で行けるところ選ぶという徹底ぶりでした。

「手から汗を出なくする」という手術はあるにはありますが、手から出るはずだった汗が他の部位に回ったり(代償性発汗)、運動機能が低下したりといった副作用が100%起こるため世界的にも手汗手術は発展途上の分野です。

今後手汗を治せる日は来るの…?

勉強中の手汗

手汗は精神性発汗といって、心理状態が左右して分泌が行われる汗です。暑い・辛いなどではなく、緊張やストレス、動悸など精神的な心の動揺が手汗のスイッチとなるものをいいます。

生理現象の中でも精神性発汗は特に無意識下で行われ、これに外科的な処置を加えることは本当に危険なのです。

現実的な対策では、手汗用の制汗剤を使ったり、自律神経のトレーニングを精神科医と進めていったり、手袋などで物理的に対処したりすることになります。

制汗剤にかかるお金は確かに負担ですが、薄毛の人や胸が小さい人、痩せたい人、綺麗になりたい人など、分野は違えどコンプレックスを抱えながら生きている人はたくさんいるわけなので、ある意味手汗はわかりやすくていいかな、くらいの気持ちになりました。

テストや授業中に困ったこと

一番大変だったのは、手汗のことを担任の先生に理解してもらうことでした。

手汗の多汗症の正式名称は「手掌多汗症」と言います。

この手掌多汗症の認知度がありえないくらい低く、テスト前に先生に「手汗がすごいのでタオルを机の上に置いてもいいですか?」と聞いてもカンニングを疑われ断れてしまうこともありました。定期テストは監視の先生が毎回変わりますから本当に苦労したのを覚えています。

2年生の後期あたりからようやく先生の間で広まるようになりましたが、最初は本当に苦労しました。

逆に学外の模試や資格試験の時はほとんどのところで使うことを許してもらえませんでした。受験関連の模試や試験では認められることが稀にありましたが、資格試験は例外なくNGでした。

センター試験のカンニングが年々問題になってきた時期だったので厳しさは増していきましたが、無地の白タオルは許可してもらえることがありました。諦めずに試験開始前に試験官の方に誠意を持ってアピールすればなんとか許してもらえることがあります。

中学生・高校生ができる具体的な手汗対策

hand-abura

制汗剤がおすすめ、精神科医での受診が必要、と言っても、中学生・高校生にとってそれはあまり現実的な方法ではありません。何しろお金が無いし、逆に安価なワキガ用・全身用の制汗剤やシーブリーズのような清涼剤でごまかす方が手汗にとっては悪影響となります。

手汗とワキガはそもそもの汗腺が異なるので全く効果なし。金銭的な理由で「手汗用」の制汗剤が買えない今は、下手なことをするより手汗のことをよく知るための期間としてお金を溜めておいた方がいいです。

私はあれもこれも試して買ってしまい、それが原因で手汗も手荒れもヒドくなってしまった過去があります。やはり制汗剤も「薬品」である以上、人間の肌に向き不向きがあると感じました。

 辛いものを食べない
辛いものを食べることで出る汗を「味覚性発汗」と言います。唐辛子や香辛料を多く含んだ食べ物には味覚性発汗を刺激する働きがあります。必要以上な発汗、味覚性発汗への刺激は自律神経を狂わせる要因であり、多汗症そのものを悪化させる原因になります。

 健康を意識した食生活
食生活が手汗と直接的な関係があるかどうか明確にはわかりませんが、例えばワキガ・アトピー・乾燥肌など、肌や汗に関する症状の根元は昨今の食の欧米化が原因と言われています。健康を意識して体のめぐりを整えることは自律神経を整える上で非常に重要です。

 体を冷やさない
身近な方法で最も簡単で、最も効果のある方法が体を冷やさないことです。そもそも女性は体が冷えやすく、冷え性の方が多いですよね。冷え性という症状は、手先・足先に熱が送られない、つまり血液循環や神経系の不順が原因です。従って、自分でできる範囲でも体を冷やさないように努力し、特に手・足を冷やさないように気をつけてください。それだけで自律神経の切り替えや、体の循環が改善されることがあります。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2016年11月15日 学校のテストやプリントが手汗でビチョビチョ…多汗症は一生治らないの? はコメントを受け付けていません。 手汗による日常トラブル