手掌多汗症にデトランスαは効果あり?塩化アルミニウム濃度はNo1

デトランスαの手掌多汗症に対する効果を検証しました。

デトランスαは手汗用制汗剤の中で最も高い塩化アルミニウム濃度を誇る制汗剤です。

日本の薬事法に定められている規制濃度13%に対して、デトランスαは外国製のため25%を配合。ここでは主に、デトランスαが持つ手掌多汗症レベル別の効果をまとめています。

デトランスαをレベル別に効果を検証

デトランスα全成分

レベル1

デトランスαは手掌多汗症レベル1に対して十分に効果を期待することができます。ただ、ここまで高い塩化アルミニウム濃度の制汗剤を使わなくても手汗は抑えられます。

塩化アルミニウムは医薬部外品指定の制汗成分ではありますが、皮膚への危険性や副作用が多い成分でもあります。手荒れや湿疹、皮が剥けたり皮膚上のトラブルがとても多いのです。

13%以下の日本の制汗剤であっても、何件もその被害が報告されており、最近の手汗用制汗剤には塩化アルミニウムではない制汗成分を配合することが多くなりました。

それがクロルヒドロキシアルミニウムという成分で、安全性が非常に高く、皮膚に対する影響もほとんどない医薬部外品指定の成分です。例えばファリネフレナーラといった最近の制汗剤であれば、これで皮膚が荒れれば返金保証も付いてくるので、デトランスαなど外国製の制汗剤を使うよりリスクヘッジになりますね。

レベル2

デトランスαの使用は、手掌多汗症レベル2の方が最も効果と価格の釣り合いが取れるのではないかと思います。

皮膚への危険性は確かにレベル1で解説したようにありますが、レベル2であればデトランスαの魅力的な制汗濃度で汗を確実に抑え、逆にレベル3まで行ってしまうと、効果が期待できないケースもあるため、レベル2が最もコスパが取れます。

ちなみに管理人・手汗ナースもレベル2の持ち主。その制汗効果を、まさに肌で感じています。ただ、肌が弱い手汗ナースにとっては、やはりリスクが大きかったと感じます(^_^;)

→デトランスαの使用レポートはこちら

レベル3

レベル2でも解説しましたが、手掌多汗症レベル3は制汗剤や制汗成分の濃度に関わらず、ほとんどその効果を期待できません。

ただ、症状は千差万別ですので、制汗濃度最大のデトランスαであれば試す価値はあります。もしデトランスαで汗が止められなければ、他の制汗剤は何を使っても無理だと思います。それほど制汗濃度については魅力的で、外国製の強みです。そうした意味で諦めがつくかもしれません。手術の決断の目安にもなりますね。

→デトランスαの詳細についてはこちら

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月30日 手掌多汗症にデトランスαは効果あり?塩化アルミニウム濃度はNo1 はコメントを受け付けていません。 デトランスα/Detrance α