【危険!】塩化アルミニウム液を手袋やビニールで密閉する手汗制汗

手汗ナースも手汗を抑えるために色々な方法を試してきました。

塩化アルミニウム液を用いた制汗方法についてももちろん試しました。しかし、医学と言うのは「副作用」が付きまとうもので、その決断の際には必ず「天秤にかける」という癖をつけてください。

要するに、この制汗方法によって得られる効果と、それに伴う副作用を天秤にかけた時、汗を抑えるということの方が優先度が高いと思うとき、それを決断するようにして下さい。

ここでは、塩化アルミニウムを使用して肌に起こるリスク・副作用について解説していきます。

塩化アルミニウムを使った制汗方法のリスク

手汗手袋

まず初めに、塩化アルミニウムを使っても、「手汗が治る」ことはありません。

あくまで「制汗方法」の一種であって、制汗剤と何一つ変わらないということは覚えておいてください。つまり、仮に今手汗を抑えることができている制汗剤を持っているのであれば、それを使ってください。

手荒れ・痒み・炎症

塩化アルミニウムは、成分判定上「毒性があるもの」として扱われている成分です。従って、かゆみ・炎症・手荒れ・湿疹等の皮膚トラブルはつきものです。

また、塩化アルミニウムによる制汗療法は、実際に病院でも行われていますが肌が弱い方へは行われていません。また、病院で行われている方法と言っても、それはとても原始的で、大量の塩化アルミニウム液を手に塗布し、それをビニールや手袋で密閉するというものです。

健全な肌を持っている方でも肌荒れ等のトラブルを起こしていると言います。

これによって「ハンドクリームが手放せなくなった」という方もいるようですが、ハンドクリームは界面活性剤という皮膚表面の角質層を破壊する成分が含まれているため、それを使っている限りいつまで経っても肌荒れが治ることはありません。

ハンドクリームは「見た目」をよくする、いわば化粧品のようなもので、乾燥や手荒れを治すものではないのです。

それでも塩化アルミニウムを使いたいという方へ

恐らく、塩化アルミニウムによる制汗療法を行おうと考えている方は、これまで幾種もの制汗剤を試し、全く効果が無かった方だと思います。そしてネットで調べているうちに、それっぽい方が言っている内容を鵜呑みにしているのではないでしょうか。

しかし、逆に考えてみると、このようなセルフで素人が行う療法が正しいとすれば、もっと便利なものが発売されていてもおかしくないと思いませんか?

手汗というのは非常に未知なもので、未だに改善策が見つかっていない分野です。現状は制汗剤を使って抑えていくしかないと言います。最近では手汗専用の制汗剤も出てくるようになりました。手掌多汗症で悩まれる方は200人に1人の割合と言い、そんな中ようやく世間的に症状が認知されるようになってきた印象を持ちます。

繰り返しになりますが、塩化アルミニウムを使った制汗療法で「手汗が治る」ことはありません。制汗力は高いかもしれませんが、それにも個人差があり、手荒れやかゆみ、炎症など、手汗とは違ったストレスに今後襲われる危険性もあることを覚えておいてください。

それより、自分に合った痒くならない・刺激の少ない制汗剤を探す方が、肌にとっても、精神的にも楽ではないかと思います。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月3日 【危険!】塩化アルミニウム液を手袋やビニールで密閉する手汗制汗 はコメントを受け付けていません。 手掌多汗症Q&A