【汗疱】突如現れた手のぶつぶつ…手汗が原因で起こる湿疹の正体

指の腹や付け根、手の平にぶつぶつができていた
気付いたら手をポリポリ掻いていて、膿のようなものが出てきた
眠る前は特に痒くい
決まって季節の変わり目、特に夏場に入ると現れる

こんな経験はありませんか??
これは、汗疱(異常性湿疹)と言って、手足にできることが多い湿疹・皮膚炎です。その名の通り「汗」が原因で起こっていて、多汗症の人になりやすい症状です。

手のぶつぶつの治し方

手汗 汗疱

http://hello.ap.teacup.comより引用

兎にも角にも、さっさと病院(皮膚科医)へ行きましょう。

「あ、汗疱だね。」

という感じで、1分もかからず診断は終わります。

再発予防は後で解説しますが、今できる最善の対策としてはこれしかありません。我慢して自然治癒を待つのは本当に時間の無駄です。手汗ナースも汗疱には毎年のように悩まされてきましたので、これが結論です。

毎年再発してしまう(起こらない年もあります)ものですが、治療としては意外と簡単で、処方されるステロイド剤を手に塗るだけで早ければ翌日、遅くても1週間以内には治療効果が目で確認できるはずです。

かゆみ止めの効果もあるため塗布後はかゆみを感じることなく、しっかりと睡眠をとることができます。

再発予防としてできること

手を清潔に保つ

とにかく手を清潔に。汗が原因ですので、そのまま放置せずこまめに拭くこと。

塩化アルミニウムはほどほどに

手汗の多汗症で悩まれていて、塩化アルミニウムを配合した制汗剤を常用している方は使用を控えるようにして下さい。

塩化アルミニウムは手の平のたんぱく質を凝固させ物理的に汗をせき止める成分。確かに制汗成分として優れているのですが、汗疱や他の湿疹を引き起こし、炎症を悪化させてしまうため日常的に使うものではありません。

日常的に使うものとしてはクロルヒドロキシアルミニウムを配合したもの。
大事なシーンや「いざ」というときには塩化アルミニウムを配合したもの。

このように、制汗剤は場面を考えながら使用するようにしてください。

→シーン別の手汗対策グッズを見る

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年11月20日 【汗疱】突如現れた手のぶつぶつ…手汗が原因で起こる湿疹の正体 はコメントを受け付けていません。 手汗による日常トラブル