テノール液は手汗に効果あり?全成分から毒性を判定

主に脇の多汗症やワキガ予防として効果の高いテノール液。

制汗剤の中でも高い評価を受けていますが、手汗に対してはどうなのでしょうか??
結論から言うと、制汗効果は確認でき、試す価値も十分にあります。

ただ、ニオイが強烈で、人によっては刺激も感じてしまうためその覚悟が必要です・・・!笑

テノール液の基本情報
販売名 テノール液
内容量 30ml
原産国 日本
製造販売元 佐藤製薬株式会社

全成分表示

成分の表記は、配合量の多いものから順に記載されます。ただし1%以下のものについては順不同、有効成分は独立して記載されます。毒性の表記は「毒性判定事典」を参考に、赤>橙>黄の順番で毒性が強くなります。

tenol

【全成分】
アルミニウムヒドロキシクロライド:制汗
アルミニウムクロルヒドロキシアラントイネート:制汗
フェノキセトール:防腐剤
香料:単一香料又は調合香料

評価

とにかくテノール液はニオイが強烈です。
耐えられるレベルのニオイであれば我慢しますが、はっきり言って無理です。

どんなニオイか分かりやすくいうと、「加齢臭」です。
もう、まんまなのでびっくりしますよ(笑)

「手汗」というのは精神性発汗なんです。そんなことはあなたもご存知だと思いますが、この性質を持つ発汗は無意識の中で起こっている発汗なので、手に対して意識が回ってしまう・ストレスを感じてしまうような制汗剤ではかえって症状が悪化する傾向にあるのです。

つまり、手汗に対して使用する制汗剤においては、無刺激・無香料が必須。できるだけ手に対してストレスを与えないように努力することがポイントなのです。

テノール液は、確かに制汗効果の高い成分を含んでおり、医薬部外品の指定も受けているため一定の効果・安全性が確保されています。ただ、これを使用することによって手に対するストレスはどんどん高まっていくような商品だと感じるため、推奨はできません。

そもそもが「手汗用」の制汗剤ではないこともありますが、その点は注意が必要です。

→全手汗用制汗剤の一覧と効果の比較はこちら

また、余談ですが・・・

tenol01

テノール液を頼むと品名に「テノール液」としっかり書かれてしまうので、ご家族に見られたくないという人は、注意してくださいね。

肌に優しい手汗制汗剤を徹底検証

2015年10月21日 テノール液は手汗に効果あり?全成分から毒性を判定 はコメントを受け付けていません。 テノール液/tenol-solution